「得する」より「損しない」

「得する」より「損しない」
                
毎晩のように仲間とお酒を飲み
かなり太っているお笑い芸人が
                
健康診断を受ける番組を以前見ました。
                
普通の番組は血液や血圧、内蔵の
数値などの結果を示して警告するものが
多いですが
                
この番組は少し違いました。
                
「余命8年!!」
                
なんとこのままの生活を続けていたらと
いう前提での余命を宣告したのです。
                
芸人の表情は一気に曇り、生活を
見直すことを強く誓っていました。
                
「こうなったらいいですね」
「これなら得ですね!」
                
こんな提案も有効です。
                
しかし今回紹介した番組で余命を
示したように
                
「このままいったら大変なことになる」
                
「今のままなら大きな損失を
受けることになる」
                
という切り口の方が人は行動に移しや
すいものです。
                
得を促す提案より損やリスクを回避する
提案の方が人は動くもの。
                
これは法人保険営業でも同じです。
                
トップセールスパーソンは
得する提案ではなく
                
損しない提案がうまいと言えるでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索