【保険営業企業開拓成功事例】契約が取れない人はコインランドリー話法を知らない

【保険営業企業開拓成功事例】
契約が取れない人はコインランドリー話法を知らない
                
次から次に飲み物が売れる自動販売機
を見かけました。
                
売っている飲み物は珍しいものでは
ありません。
                
どこでも売っている商品です。
                
値段も安くありません。定価です。
                
しかし時には自販機の前に時には
2~3人行列ができる程売れている
のです。
                
もちろん自販機を設置している人が
売り込みをかけているわけではありません。
                
売っている商品がいかにおいしいか説得も
していません。
                
実はこの自動販売機がある場所は
日帰り温泉施設の休憩スペースです。
                
何度も温泉に入った人はのどが渇きます。
                
飲み物が必要なこんな「場面を作る」こと
ができれば
                
特別でも安くなくてもそして売り込みを
しなくても、ばんばん売れるわけです。
                
童話「北風と太陽」。
                
北風と太陽は人間の服を脱げせる
競争をします。
                
北風は強い風で服を飛ばそうとしますが
うまくいきません。
                
一方、太陽は普通に人間を照らします。
                
人間は暑くなり自ら服を脱ぎ
太陽の勝ちとなるストーリーです。
                
この場合も
太陽は人間は服を脱ぐような「場面を
作った」だけと言えるのではないでしょうか。
                
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
                
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は
                
法人新規開拓で結果を残し
MDRT会員21回
(うちTOT3回、COT13回)です。
                
といっても営業トークや提案が特別という
わけではありません。
                
小林氏は自販機と太陽の話と同じで
「場面を作る」ことが上手なのです。
                
保険を売り込むのではなく
保険が必要な「場面を作る」
                
実はこれは難しいものではありません。
                
やり方は知っているか知らないかだけ
なのです。
                
インタビューではコインランドリー話法や
アマゾン話法など保険が必要な
                
「場面を作れる」詳しいノウハウが
語られています。
                
「場面を作る」ことができれば
                
あなたは保険を売り込む必要がなくなる
と私は考えています。
                
自販機や太陽の話と同じで
                
お客様は保険がどうしても必要になり
自ら選ぶようになるのですから。
                
売り込むをしなくても大型の法人契約が
取れたら
                
あなたの営業は変わりませんか?
                
詳しくはこちら↓
私は20年間同じアプローチで
経営者・ドクターに保険を売り続けています!

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索