【保険営業成功者の話法】 1秒で社長の断りを切り返す話法とは?

【保険営業成功者の話法】
1秒で社長の断りを切り返す話法とは?
                
「スランプの時こそ絶好調!」
                
メジャーリーガーのイチローは
こう考えるそうです。
                
打てない、ヒットがでないことを
嫌だとか避けたい状況ととらえる
のではなく
                
どうしたら打てるか考えるきっかけ、
成長の機会としているのです。
                
「ケガはチャンス!」
                
プロサッカーの本田圭佑選手の言葉です。
                
スポーツ選手にとってケガは
最悪の出来事と言っていいはずです。
                
落ち込み、後悔するのが普通でしょう。
                
一方、本田選手は体を鍛え直す
チャンスと捉えているのです。
                
成功者は
                
困難な状況に陥っても
その「対処」がうまいものです。
                
これは法人保険営業に通じます。
                
社長に話をしても
すぐに断られてしまう・・・
                
社長に「保険は不要」「間に合っている」
といつも言われてしまう・・・
                
こんな悩みを抱えていませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は
                
法人保険の分野で長年驚く程の成果を
出し続けています。
                
成功の要因の1つは
社長の断りに対する「対処」。
                
反論をするのではなく・・・
イエスバット法を使うのでもなく・・・
                
「約1秒の言葉」で
                
チャンスに繋げてしまいます。
                
社長の断りを避けたり、落ち込んだり、
チャンスがないと思うのではなく
                
「対処」する話法があることを
あなたは知っていましたか?
                
詳しくは↓
このアプローチで社長は
あなたの話に夢中になる!



関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索