トランプ大統領を語れば法人保険が売れる!

トランプ大統領を語れば法人保険が売れる!
                
デートが楽しくて時間をわすれ・・・
終電を逃した女性が
                
相手の男性にこう言う場面を
ドラマで見た記憶があります。
                
「終電行っちゃったどうしよう・・・」
                
男性は「うちに来れば!」と答えます。
                
「終電行っちゃったどうしよう・・・」
という言葉は
                
「泊まりに行ってもいいですか?」の
”別表現”ではないでしょうか。
                
ストレートに宿泊の許可を得るような
言葉では、何となく興ざめです。
                
ある通販会社はCMで
「全部使い切った後でも返品OKです!」
とアピールしていました。
                
このフレーズは
「商品には絶対の自信があります!」
の”別表現”だと私は考えます。
                
”別表現”をすることで
消費者に強烈な印象を残すことが
できたと言っていいでしょう。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
以前インタビューしたトップセールスパーソン
は”別表現”の達人でした。
                
保険契約の獲得に不可欠な
営業トークを
                
雑談に見事に”別表現”して成果を
出しています。
                
別表現していますから
                
お客様は売り込まれている、営業を
掛けられている感覚は全く持ちません。
                
だから成約率が高くなるのです。
                
何かと話題のアメリカのトランプ大統領。
                
間違いなく訪問先の社長と
雑談できる話題でしょう。
                
普通の保険営業パーソンは
単なる雑談ですが
                
そのトップセールスの場合は
                
実はこれを話すだけで
保険契約に繋げてしまうのです。
                
トランプ大統領も営業トークの
別表現の1つということになります。
                
売れる人の営業トークだけではなく
雑談にも注目すべきではないでしょうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索