保険営業の成功者は「これ」がうまい

保険営業の成功者は「これ」がうまい
                
「意中の相手と恋人になりたいなら
まずはものの貸し借りから始めなさい。」
                
なかなか彼女ができない男性に
ある専門家がこうアドバイスしました。
                
本やCDを借りる時
まず借りる時に1度会えます。
                
そして返す時にまた会えます。
                
会うことでチャンスが広がるのです。
                
いきなり恋人になることよりも
まずは何度も会うことを考える方が
近道なわけです。
                
この考え方は保険営業でも
参考になります。
                
多くの営業パーソンは保険を売ること
ばかり考え
                
売り込み・説得しようとがんばります。
                
これは自分のことを好きかどうかも
わからない異性に
                
いきなり指輪を渡しプロポーズするぐらい
強引なことではないでしょうか。
                
貸し借りで何度も会う場面を
作るように
                
保険営業パーソンはいきなり売る
ことではなく
                
「話を聞きたい」とお客様が言って
自分の目の前に座るには
どうすればいいのかを
                
考えなくてはならないはずです。
                
お客様に売る技術と
お客様を目の前に座らせる技術
                
は全く違います。
                
成功者はお客様を目の前に座らせる
技術に長けています。
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索