クレーンゲームと保険営業

クレーンゲームと保険営業

古くから付き合いのある友人と
お酒を飲んだ帰り道
                  
みんなでゲームセンターに行って
久々にクレーンゲームをやりました。
                  
3~4回チャレンジして狙った
ぬいぐるみを獲れなかった私に
                  
クレーンゲームを得意とする
仲間の一人がこう言いました。
                  
「1回で獲ろうとするからダメなんだよ!」
                  
1回目と2回目はぬいぐるみを
キャッチするのではなく、獲りやすい
位置に動かし
                  
3~4回目でキャッチしようとした
方が成功率はぐんとアップすると
いうのです。
                  
私はこのゲームをやる時にいつも
景品を獲りに行っていましたが
「段階を踏む」ことが重要なのです。
                                                      
この話は保険営業に通じると感じます。
                                                      
最初から保険料の高いプランの
設計書を作り流暢に売り込む
トップセールスに私は会ったことが
ありません。
                  
売れている人は
クレーンゲームの例と同じで
秀逸な「段階を踏ん」でいます。

いきなり保険契約を狙うのではなく
いわば取りやすい位置に動かす事
を考えていますか?
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


✅ニュースレターの執筆を月3万円でアウトソーシングしませんか?詳しい資料をお送りします。下記メールまたは記事内のお問合せからで「資料希望」とご連絡ください。

プロフィールの詳細はこちら


執筆・コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索