提案を変えずにタイミングを変えよ

提案を変えずにタイミングを変えよ

自分は健康だと思っている人に
クオリティーが高い人間ドッグを
受けさせようとしたら
                
かなり大変です。
                
なかなかYESと言わないでしょう。
                
しかし同じ人でも
会社の定期検診のレントゲンで
胸に影があると診断された後に
                
同じ人間ドッグを勧めれば
簡単にOKをもらえるに違いありません。
                
全く同じ商品やサービスであっても
「タイミング」によって
反応は大きく違ってくるものです。
                
                
駅前のあるコンビニは
雨がポツポツよ降り出すと
                
店の入り口の一番目立つ所に
ビニール傘を並べるといいます。
                
こうすることで傘が飛ぶように
売れるそうです。
                
快晴の青空の日に
傘を店頭に並べても
到底同じ結果にはなりません。
                
これも「タイミング」の成功例と
言っていいでしょう。
                                
これら2つの話は保険営業に通じます。

トップセールスパーソンの保険提案は
特別でないことが多いものです。

みんなと同じ提案で契約を獲って
います。

大きな違いの1つは「タイミング」
です。

多くの人はどんな提案をするか?
ばかりに力を注ぎます。

正しいことですが売れる人の
「タイミング」に注目してみましょう。

晴れの日に一生懸命傘を売っては
いませんか?
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索