リビングニーズが武器です

リビングニーズが武器です

少し考えてください!

あなたは総菜や弁当など調理済みの
食品・・・いわゆる中食を売る
スーパーの担当者だったとします。

どんなアピールで売上に繋げますか?

おいしい
家庭で使ったような味
安い
お得
品質がいい

こんな言葉を使うのが一般的でしょう。

一方、先日目にしたCMでは
あるスーパーが全く違う切り口で
中食を訴えていました。

「忙しいあなたを応援したい。」

普通は、売る商品にいわば
スポットライトを当てます。

しかしこの場合、スポットライトが
当てられているのは

あなた、お客様と言えるでしょう。

最終的に売るものは総菜であり
弁当であることは変わりません。

しかし、単においしい、お得と
商品自体を宣伝することと

応援したい!と言われるのでは
顧客の感じ方は変わるはずです。

感じ方が変われば、当然売上も
変わるに違いありません。

「伝え方」次第で売上を
アップさせることはできるのです。

これは保険営業でも同じです。

トップセールスは保険の売り方が
うまいというより

「伝え方」がみんなと違います。

以前インタビューした成功者は
リビングニーズを新規開拓の
武器にしていました。

普通にこれをお客様に語っても
何も起こりません。

お客様の感じ方を変える
「伝え方」が存在します。

中食の例と同じで感じ方が
変われば売上(契約)が近づきます。

売り方だけではなく
「伝え方」も工夫してみませんか?


関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索