明確化で保険が売れる

明確化で保険が売れる

東京が目的地で
1分でも早く到着したい人がいます。

あなたならこの人にどんな
アドバイスをしますか?

新幹線ののぞみを利用するのがいい!
それよりも飛行機の方が早く着ける!

こんなアドバイスもいいでしょう。

しかしそもそもこの人が今どこに
いるのか、

すなわち現在地を明確にしなければ
有効な助言はできないはずです。

東京から既に数百メートルの場所
にいるなら、新幹線や飛行機を
使うよりも徒歩や自転車がいいに
違いありません。

現在地によって車や船を選択した
ほうがいいケースもあります。

手段よりも現在地の明確化が第一に
すべきことではないでしょうか。

これは保険営業でも同じです。

既契約や他社のプランと比べて
有利でお得な提案を初期の段階で
することは

現在地がわかっていないのに
のぞみの快適さや飛行機の近年の
低料金化をアピールすることに
似ていると感じます。

まずやるべきことはお客様が
今立っている現在地をはっきり
させることです。

以前インタビューした
トップセールスパーソンは

この現在地をわかりやすく
明確化させるに力を入れ
成功しています。

日本の現在地、金融の、経済の
そして保険の現在地

さらにお客様の現在地を誰よりも
わかりやすく伝えているのです。

正確な現在地を理解し、
自分の目的地がはっきりすれば
自然と取るべき手段は見えてきます。

目的地への手段の1つが保険。

こんな流れを作り、無理に売り込むことを
しないで契約を獲得しています。

現在地を明確にしないで
手段ばかりを提案していませんか?


関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索