行動の難易度を下げれば成功できる

行動の難易度を下げれば成功できる

「店内で商品をご覧下さい」

店先に立って道行く人に積極的に
声をかける店がありました。

しかし想像してください。

あなたが通りかかりの客なら
この言葉ですぐに(喜んで)
入店するでしょうか?

私ならまず入りません・・・

実際に成果はほとんど出なかった
のです。

そこでこの店は戦術を変更
しました。

いきなり声を掛けて入店を促す
のではなく

店先にワゴンを並べてお買い得商品を
山積みにしました。

入店させることを目的にしたの
ではなく、

お客様の足を止めることを
目標にしたのです。

すると足を止めた顧客の一定割合は
入店するようになり
売上アップに繋がりました。

入店ではなく足を止める・・・
「顧客の行動の難易度を下げる」
ことでこの店の売上は上がったと
言えるでしょう。

この話は保険営業に通じます。

トップセールスパーソンは
「行動の難易度を下げる」ことが
うまいと感じます。

以前お話を伺った成功者は
紹介をストレートに依頼しません。

予め作っておいたメールを
知人や友人に送る許可をもらいます。

メールの文面は面談に繋がるもの
になっています。

結局は紹介された事と同じですが
お客様の「行動の難易度が下げる」
ことで

よい結果を導いていると言っていい
でしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索