【保険営業法人アプローチ】この180秒を変えるだけで 法人保険が売れるようになる!

【保険営業法人アプローチ】
この180秒を変えるだけで
法人保険が売れるようになる!


イチローのものまねが上手で有名な
タレントのニッチローさんが
                
実際に投げられた球を打つという
企画の動画を見たことがあります。
                
フォームや仕草はイチローそのもの。
瓜二つです。

しかし、緩く投げられた球に
空振りの連続だったのが
とても印象的でした。
                
本当にイチローに近づくためには
フォームや仕草だけを真似しても
ダメなことは明らかです。

バッティングフォームや仕草の
「もっと前」

すなわち練習やトレーニング、
考え方なども真似することが
必要ではないでしょうか。


これは法人保険営業にも通じます。


セミナーや研修に参加して
一生懸命勉強しても
思ったように法人開拓が進まない・・・

トップセールスパーソンの
セールストークや提案を真似しても
成果に繋がらない・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した竹下氏は

長年法人新規開拓で成功を続ける
日本を代表するトップセールス
パーソンです。

しかし

特別な提案や誰も思いつかない
スペシャルなセールストークを
駆使して

法人契約を獲得しているわけでは
ありません。

成功の大きな要因の1つは


「もっと前」にあるのです。


イチローのものまねの話と
似ています。

竹下氏が特別なのは

保険の話をする
「もっと前」。

社長や経営者と語る雑談に
あるのです。

普通の保険営業パーソンは
雑談をする場合

保険を売るための雑談を
するはずです。

一方、竹下氏の場合は

売るための雑談ではなく

社長を聴く気にさせる雑談を
するのです。

社長が前のめりになって
あなたの話を聴く態勢が
できたら

後は普通でいいのです。

売るための雑談と
聴く気にさせる雑談は

全く違うことをご存知でしたか?

知ってしまえば
やり方は簡単です。

雑談は180秒程度で
いいのです。

少し言い方は極端かも
しれませんが

冒頭180秒を変えるだけで

あなたの法人開拓

そして

最終的に手にできる
コミッションを変えることが
できると考えています。

会う社長すべてが
あなたの話を聴きたいと
思う状況を作ることができたら・・・

すべてが変わるとは思いませんか?

詳しくはこちら↓をご覧ください。

この180秒を変えるだけで
法人保険が売れるようになる!
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索