FC2ブログ

【保険営業】「この一言」で飛び込みで 病院を訪問しても 100%受付を突破できた!

「この一言」で飛び込みで
病院を訪問しても
100%受付を突破できた!
 
 
 
「すいません、道がわからないので
教えてもらえませんか?」
 
ある外国人が日本人の女性を
ナンパする時、
 
片言の日本語でこう声を
掛けるそうです。
 
かなりの確率で足を止めて
話してくれるといいます。
 
 
「今、暇ですか?」
「お茶に行きませんか?」
 
 
もしもこんなストレートな
投げかけをしたら成功率は
格段に下がるに違いありません。
 
 
 
最初の「一言」で
 
 
 
相手の答えも変わり
結果も変わるわけです。

 
 
この話はドクターマーケットの
新規開拓に通じます。

 
 
 
ドクターの開拓をやろうと思っても
うまくいかない・・・

 
勇気を持って病院を訪問しても
受付で断られてしまい
ドクターになかなか会えない・・・
 
 
こんな悩みを抱えていませんか?

 
 
今回紹介するCDでインタビュー
した中瀬氏は
 
 
ドクターマーケット開拓の
スぺシャリストで
 
 
お話を伺った時点でCOT9回の
トップセールスパーソンです。
 
 
驚くことに中瀬氏は
コネや紹介が全くない状況で
 
 
病院をいきなり飛込み訪問して
ドクターを契約者に変えて
しまうのです。

 
成功を続ける大きな要因の1つは

 
 
最初の「一言」。

 
 
これが秀逸なのです。
 
 
中瀬氏の場合

 
病院の受付で「一言」を
発するだけで

 
面談の成功率はほぼ100%
だといいます。

 
つまり断られることがなく
 
 
ドクターに確実に会って
しっかり話ができるわけです。

 
飛び込みで訪問しても
ドクターに毎回会い
 
話をすることがコンスタントに
できたら・・・

 
あなたの営業は変わるとは
思いませんか?

 
 
もちろんこの「一言」は
 
 
保険の見直しや相続や税金の
ことを質問するわけではありません。

 
受付、ドクターがYES・・・
 
「どうぞお待ちください」と
あなたを丁重に扱ってくれる
 
 
「一言」が存在するのです。

 
■詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

プロフィール

アイブライト有限会社代表取締役。

昭和45年7月21日生まれ。
立教大学社会学部在学中より大手家庭教師派遣会社に歩合制営業マンとして参画しお客様獲得・営業ノウハウを学ぶ。
卒業後、大手保険会社を経て26歳の時、(有)内田保険事務所を設立し独立。その後、時代に先駆けて保険代理店のM&Aなどを行う傍ら出版社などの新規事業の経営にも関わり、合計5社の経営・起業を経験。平成17年2月すべてのグループ会社の経営から退き、自身6社目となるアイブライト有限会社を設立。



コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com