FC2ブログ

1度に58件の法人契約が獲れた 保険以外の「ある話」とは?

1度に58件の法人契約が獲れた
保険以外の「ある話」とは?
 
幼稚園児が自分たちの使ったものを
全員で一心不乱に片付ける様子を
見たことがあります。
 
小さな子供は自分で使ったものを
片付けるように注意しても
なかなか言う事を聞きません。
 
この場合も「片づけないさい!」
と先生が声を掛けたわけでは
ありません。
 
お片付け競争!とゲームにして
チームで競争させたのです。
 
小さい子は競争は大好きで
普段は嫌がる片づけを
一生懸命進んで行ったのです。
 
非常にうまいやり方で感心
しました。
 
片付けるという「目的」をいきなり
達成させようとするのではなく
 
競争という園児の「興味」を
大人の「目的に繋げた」例と
考えられます。
 
 
柔らかいカラーボールを
上空に投げて
 
子供が落ちてくるボールを
ヘディングする!(頭に当てる)
                
実はこれ
低学年の小学生を指導する友人が
実際にやっている野球の練習です。
                
子供は楽しく、喜びながら
これを繰り返すといいます。
                
この遊びをすることで
ボールの落下点に正確に
行けるようになり
                
フライが捕れるようになる
そうです。
 
コーチがノックをして
「落下点にしっかり入れ!」
と厳しく指導することも
間違いではありませんが
 
子供はすぐに飽きてしまう
はずです。
 
これも
「相手の興味を
こちらの目的に繋げた」
方法と言えるでしょう。
 
 
これら2つの話は
法人保険営業に通じます。
 
 
法人新規開拓で

思い描いた成果がでない・・・
社長にすぐに断られてしまう・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は
 
法人新規開拓の達人で

お話を伺った時点でMDRT21回
(COT13回、TOT3回)の
トップセールスパーソンです。
 
長い間成功を続ける要因の1つは
 
片付けとフライの話と同じで
 
「相手の興味を
こちらの目的に繋げる」ノウハウを
 
確立している点です。
 
小林氏はアプローチで
保険やそれと関連する話題を出す
ことはありません。
 
いきなり保険契約という
営業パーソンの目的のための話を
しないわけです。
 
することは
 
自分の目的のための話ではなく
 
ほぼ100%社長が興味を示す
 
「ある話」をするだけです。
 
「ある話」は事業を営む人間であれば
強い関心を示すものです。
 
「ある話」をすると
間違いなくスムーズに会話が続き
 
自然な形で法人契約に繋がりやすく
なるのです。
 
その成果の1つが
1社から何と58件の法人契約が
獲得できた成功例です。
 
社長が話したい、聴きたい、興味が
ある話をして
 
しかも最後に法人契約に至る・・・
 
これが日常になったら
あなたの保険営業は大きく変わるとは
思いませんか?
 
もっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧ください。



無料音声セミナー
【保険営業法人契約が取れない理由】
このメモで法人開拓は失敗しない


関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

プロフィール

アイブライト有限会社代表取締役。

昭和45年7月21日生まれ。
立教大学社会学部在学中より大手家庭教師派遣会社に歩合制営業マンとして参画しお客様獲得・営業ノウハウを学ぶ。
卒業後、大手保険会社を経て26歳の時、(有)内田保険事務所を設立し独立。その後、時代に先駆けて保険代理店のM&Aなどを行う傍ら出版社などの新規事業の経営にも関わり、合計5社の経営・起業を経験。平成17年2月すべてのグループ会社の経営から退き、自身6社目となるアイブライト有限会社を設立。



コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com