FC2ブログ

TOTは設計書のタイミングが違います

TOTは設計書のタイミングが違います


「恋人でいることに飽きた・・・・
結婚しよう」
 
ある男性のプロポーズの言葉です。
 
「おじいちゃんおばあちゃんに
なっても一緒にいてくれませんか?」
 
「お前の作った味噌汁が毎日食べたい」
 
こんなプロポーズの言葉を使った
人もいるそうです。
 
どんな言葉でプロポーズするかと
いうことも大切ですが
 
それと同じくらいプロポーズの
「タイミング」は重要ではない
でしょうか。
 
相手と出会ったばかりの
「タイミング」では
 
どんなに素晴らしい言葉で
プロポーズしても成功する
可能性は低くなるに違いありません。
 
逆にお付き合いを始めて
20年後にプロポーズをしようと
考えている人がもしいたら
 
もっと早い「タイミング」がいい
と私ならアドバイスします。
 
「タイミング」は大切です。
 
 
 
どんなに素晴らしいスイングを
するバッターであっても
 
ピッチャーが球を投げる前に
スイングしたら絶対にヒットは
でません。
 
スイングする「タイミング」が
早すぎるからです。
 
逆に投球がキャッチャーミットに
入ってからスイングしたのでは
「タイミング」が遅すぎます。
 
「タイミング」は重要です。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
自分が考える最高の保険プランを
提案しているのに
思うような結果が残せない・・・
 
こんな悔しい思いをしていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大関氏は
 
3期連続TOTのトップセールス
パーソンです。
 
成功を続ける大きな要因の
1つは
 
「タイミング」。
 
特に設計書を出す「タイミング」が
絶妙なのです。
 
プレゼンテーションで
まず設計書をお客様の前に出し
 
その内容についてわかりやすく
説明する!
 
これが普通の「タイミング」
でしょう。
 
一方、大関氏の設計書の
「タイミング」はまるで違います。
 
これが驚異的な成約率をたたき出す
要因の1つなのです。
 
 
どんな提案するか?
 
セミナーや研修で学べるのは
こればかりだと感じます。
 
もちろん間違いではありませんが
どんな提案をするか以上に
 
重要なのは「タイミング」。
 
スイングを速くする練習ばかりで
「タイミング」の練習をせずに
 
ピッチャーが投げる前に
鋭いスイングをし続けている・・・
 
こんな状況に保険営業でも
なっていませんか? 
 
もっと詳しいノウハウを知りたい方は
こちらをご覧ください。




関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

プロフィール

アイブライト有限会社代表取締役。

昭和45年7月21日生まれ。
立教大学社会学部在学中より大手家庭教師派遣会社に歩合制営業マンとして参画しお客様獲得・営業ノウハウを学ぶ。
卒業後、大手保険会社を経て26歳の時、(有)内田保険事務所を設立し独立。その後、時代に先駆けて保険代理店のM&Aなどを行う傍ら出版社などの新規事業の経営にも関わり、合計5社の経営・起業を経験。平成17年2月すべてのグループ会社の経営から退き、自身6社目となるアイブライト有限会社を設立。



コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com