FC2ブログ

【法人保険営業】法人の訪問先を劇的に広げる戦術

法人の訪問先を劇的に広げる戦術

 
「私、疑われてるいるのですか?」
 
刑事ドラマの中で犯行時刻の
アリバイを質問された人が
 
こう不機嫌な感じで刑事に言います。
 
刑事は
 
「あくまで形式的な質問です!」
と軽くかわし
 
話を進める場面を記憶しています。
 
刑事ならよく言われる言葉に
いちいち反論したり、時間を掛けて
説明していては
 
仕事にならないはずです。
 
軽くかわし、話を進める技術は
ドラマの中ながら見事だと感じました。
 
 
この話は法人保険営業に通じます。
 
 
社長にアプローチしても
すぐに断られてしまう・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした鈴木氏は
 
日本を代表するトップセールス
パーソンで法人新規開拓の
スぺシャリストです。
 
トップセールスパーソンは
社長から断られない!というのは
 
幻想です。
 
鈴木氏であっても断られます。
 
 
違うのは断られた後なのです。
 
刑事が「形式的な質問」と
答えたように
 
法人に売れる人は
 
断りを軽くかわし、話を前に
進める技術を持っているのです。
 
鈴木氏が断りをかわすことに
掛かる時間は
 
約1秒。
 
何と言っているか?
断りをどうかわし、話を進めるのか?
 
その答えはすべて音声セミナーの
インタビューの中にあります。
 
断られない社長を探そうとするから
訪問先が狭まるのではないでしょうか。
 
断りを1秒でかわせたら・・・
断りが怖くなくなたっら・・・
 
あなたの訪問先は劇的に
広がるに違いありません。
 
あなたはやり方を知らないだけなの
です。
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
このアプローチで社長はあなたの話に夢中になる!
すぐに使える中小法人新規開拓ノウハウ



関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

プロフィール

アイブライト有限会社代表取締役。

昭和45年7月21日生まれ。
立教大学社会学部在学中より大手家庭教師派遣会社に歩合制営業マンとして参画しお客様獲得・営業ノウハウを学ぶ。
卒業後、大手保険会社を経て26歳の時、(有)内田保険事務所を設立し独立。その後、時代に先駆けて保険代理店のM&Aなどを行う傍ら出版社などの新規事業の経営にも関わり、合計5社の経営・起業を経験。平成17年2月すべてのグループ会社の経営から退き、自身6社目となるアイブライト有限会社を設立。



コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com