FC2ブログ

【保険営業】単価50倍!終身保険の売り方 医療・がん保険をこう語ると 死亡保障も相続対策も売れます!

単価50倍!終身保険の売り方
医療・がん保険をこう語ると
死亡保障も相続対策も売れます!
 
ある飲食店でオーダーをしようと
メニューを見ていると
聞いたことがない料理が
目に飛び込んできました。
 
「マンボライス」
 
私は思わず店員に「これは何ですか?」
と聞いてしまいました。
 
ふんわりとしたタマゴと刻んだ
チャーシューがライスにのっている、
その店の人気メニューだそうです。
 
もちろん私はそれを注文。
美味しくいただきました。

メニューでわからない料理があれば
店員に質問する!
 
別の店の話ですが
これを狙ってわざわざオリジナルな
料理名を付けている飲食店経営者が
います。
 
お客様に質問いただく
つまりお客様に「レスポンス」
いただくと
 
店員とのコミュニケーションが
スムーズにでき、客単価がアップする
傾向が強いというのです。
 
店員から「こちらの料理はおいしい
ですから、いかがですか?」と
積極的に声を変えると
 
それは売り込みになるはずです。
 
しかしお客様から「レスポンス」
いただければ、店員がお勧め料理を
語ることが自然な形でできるそうです。
 
 
 
某居酒屋では、ある事をしてから
ドリンクの売上がアップしたという
話を聞いたことがあります。
 
「おかわりはいかがですか?」と
声を掛けるだけではなく
 
名札に名前と出身地と趣味を書く
ようにしただけなのです。
 
「うちの娘と同じ名前だね」
「俺も釣りが趣味なんだよ」
「君、福島出身なの??」
 
などとお客様から声を掛けて
いただく
 
すなわち「レスポンス」して
もらえるケースが増え
 
店員とお客様のコミュニケー
ションが増加し
 
それに比例して売上もアップした
そうです。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
CMなどの影響もあって
がん保険や医療保険は売れるけど
 
単価の高い終身保険などの死亡保障
がなかなか売れない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インビューした竹下氏は
 
がんや医療保険の話題から
死亡保障や学資や相続などの話に
繋げるノウハウを確立しています。
 
その成功率はほぼ100%。
 
つまりがんや医療保険だけを
売って終わり!というケースが
ほとんどないのです。
 
成功している大きな要因の1つは
 
「レスポンス」
 
なのです。
 
「死亡保障についてはいかがですか?」
「がんや医療だけではなく他の保険も
見直しませんか?」
 
などとこちらから投げかけることは
ありません。
 
お客様から「レスポンス」いただく
のです。
 
すなわちお客様から死亡保障や相続
学資、介護などについて
 
話題を出される、質問される展開を
 
竹下氏はいつも作ってしまいます。
 
お客様から聞かれる
お客様から質問される
 
こんな場面を想像してみてください。
 
死亡保障の話ができない、売れない
なんてことは起こらないとは
思いませんか?
 
決して高度で難解なノウハウでは
ありません。
 
がん保険や医療保険の売り方を
ほんの少し変えるだけでいいのです。
 
たったこれだけで
 
お客様は死亡保障や相続、学資など
について質問したくてたまらなく
なるのです。
 
詳しいノウハウは音声セミナーの
インタビューで竹下氏に解説いただき
ました。
 
「レスポンス」させるやり方を
知っているか知らないかだけの差
なのです。
 
この方法を知らないことで
本来であれば獲得できた終身保険や
死亡保障の契約をいくつも見逃して
来てしまったと言っていいかも
しれません。
 
もうこんな機会損失をする必要は
ないのです。 
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
1件の医療保険を相続などの
大型案件に変える!
単価を50倍にする方法




関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

プロフィール

アイブライト有限会社代表取締役。

昭和45年7月21日生まれ。
立教大学社会学部在学中より大手家庭教師派遣会社に歩合制営業マンとして参画しお客様獲得・営業ノウハウを学ぶ。
卒業後、大手保険会社を経て26歳の時、(有)内田保険事務所を設立し独立。その後、時代に先駆けて保険代理店のM&Aなどを行う傍ら出版社などの新規事業の経営にも関わり、合計5社の経営・起業を経験。平成17年2月すべてのグループ会社の経営から退き、自身6社目となるアイブライト有限会社を設立。



コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com