【法人保険営業スキル】たった2回目の面談で 法人契約が決まる!最速法人開拓術

IMG_20170808_071655.jpg
たった2回目の面談で
法人契約が決まる!最速法人開拓術

少し前ですが、ある城に行きました。
 
天守閣は見えているものの
一直線の道で繋がっていません。
 
迷路のようになっていたり
道がらせん状になっていて
ぐるっと回らないと本丸へたどり
着かないのです。
 
もちろんこれは敵が城を攻めてきた
時、防御するための「仕組み」です。
 
がんばって敵と戦うことも大切
ですが、それ以上に「仕組み」が
重要であることを実感しました。
 
 
口コミから若い女性に人気のホテル
があります。
 
ホテルは
お友達をご紹介ください!とか
みんなにホテルの良さを宣伝して
ください!と
 
お願いしていません。
 
ホテルの内装や寝具やソファーを
インスタ女子が撮影したくなる
ようなものにしたのです。
 
これがSNSで拡散され
集客に繋がりました。
 
この例も「仕組み」の勝利と
言っていいでしょう。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
法人開拓がうまくいかない・・・
 
法人にアプローチしても
契約になかなか繋がらない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
日本を代表するトップセールス
パーソンで
 
法人新規開拓の達人。
 
竹下氏のやり方の特徴は成果に
たどり着くまでが
 
異常に早い点です。
 
 
初回面談の次、つまり2回目の
訪問で契約が決まってしまう
ことも珍しくないと言います。
 
何度も何度も訪問して・・・
何回も何回も情報提供して・・・
 
時間を掛けないと法人保険が
売れないと考えていた私の
常識はガラガラと音を立てて
崩れ去りました。
 
といっても
 
強引なトークセールスを駆使したり
強烈なクロージングをして
 
契約を獲得しているわけでは
ありません。
 
竹下氏は
 
「仕組み」を確立しているだけ
なのです。
 
 
法人保険がすぐ売れる「仕組み}?
 
 
残念ながら違います。
 
竹下氏が構築したのは
 
社長に質問させる「仕組み」
 
そして
 
社長に詳しい資料が欲しいと
言わせる「仕組み」です。
 
社長があなたにどんどん質問を
して
 
そして次回ぜひ詳しい資料を見せて
欲しいとお願いされる場面を
 
想像してみてください。
 
こんな場面が訪れれば
契約は近い!簡単になる!とは
思いませんか?
 
しかしそもそも保険に関心のない
社長は多く、質問なんてしないし
 
見積や資料が欲しいなんて言わない!!
 
その通りです。
 
普通に営業していれば
こんな事を言ってくれません。
 
しかし
 
 
言わせる「仕組み」が存在する
のです。
 
 
何をどう語れば、いいのか?
 
 
一からすべて音声セミナーの
インタビューの中で竹下氏に
解説いただきました。
 
どんどん質問され・・・
資料が欲しいと言われる・・・
 
これが法人初回面談で日常的に
なったら
 
あなたの保険営業は大きく変わる
とは思いませんか?
 
最後にあなたが手にする成果も
驚くほど変化すると考えられませんか?
 
決して高度で難解なノウハウでは
ありません。
 
初回面談での社長との会話を
ほんの少し変えればいいだけです。
 
知っているか知らないかの差
なのです。
 
あなたはこのノウハウを知らない
ことで本来であれば獲得できたはずの
法人契約を今までいくつも逃してきて
しまったと言っていいかもしれません。
 
もうこんな損をする必要はないのです。
 
 
何度も何度も訪問した上に
「次回見積をお持ちしてよろしいですか?」
と許可をもらう営業を続けますか?
 
それとも社長から質問され
見積をお願いされ、
 
最速で契約になってしまう
やり方をあなたのスキルにしますか?
 
✅もっと詳しいノウハウが
知りたい方はこちら↓

✅音声セミナー
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を契約者に
変える話法はこれだ



関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ