FC2ブログ

【保険営業ドクターマーケット開拓】このたった1つの事を変えるだけでドクターに保険が売れるようになる!

business-woman-portrait-1997285_640.jpg
■このたった1つの事を変えるだけで
 ドクターに保険が売れるようになる!

ドクターに保険を売るためには
どうすればいいのか?

セールストークや提案するプランを
変えても効果は薄いのです。

この1つを変えれば、すべては変わり
保険が売れるようになります。




 



man-2140606_640.jpg

■このたった1つの事を変えるだけで
 ドクターに保険が売れるようになる!


 
社会人向け大学院の宣伝を見かけました。

勉強できる内容、日程や時間そして費用などが
記載されていたと記憶しています。

ごくごく普通の宣伝でこれはこれでいい
でしょう。

しかし私が宣伝をする大学院の立場なら全く
違うことをするでしょう。

20~30代の社会人のためにキャリアアップ
や年収をアップさせるためのセミナーや勉強会
を開きます。

目的は社会人と大学院の「関係を変える」ため
です。

お金を払って教育を受ける側とお金をもらって
教育を提供する側という関係ではなく

これからキャリア・年収をアップさせたい人と
それをサポートするアドバイザーという
「関係に変える」のです。

「関係を変えれば」キャリア・年収をアップ
させるための1つの手段として大学院に通う
ことをアドバイスする・・・

これで最終的に大学院は目的を達成できると
私は考えます。

「関係を変える」前に大学院のメリットや
その良さをアピールだけしても効果は薄いと
感じます。





以前、なかなか入部者が集まらない大学の
体育会の関係者の話を聴いたことがあります。

マイナースポーツでそもそも競技人口が少ない
のでがんばって勧誘しても結果は出にくいもの
です。

私はいきなり入部を勧めるのではなく
新入生と既存の部員との「関係を変える」事が
先決ではないかと言いました。

入部を勧誘する人とされる人ではなく

大学で「優」が取れやすい授業の取り方や
就職活動のために1~3年生で何をやれば
いいかをアドバイスする人とアドバイスされる
人という「関係に変える」ことができれば

自然な形で入部の可能性が広がるのではない
でしょうか。



これら2つの話はドクターマーケットの
新規開拓に通じます。



ドクターマーケットは難しくチャレンジしても
うまくいかなかった・・・

ドクターは既にたくさんの保険に加入している
ケースが多く、それを切り崩すことは困難だ

こんな悩みを抱えていませんか?


今回紹介する音声セミナーでインタビュー
鈴木氏はドクターマーケット開拓のレジェンド
です。

長期間渡り、驚くような数字をドクター
マーケットから挙げ続けています。

しかし最終的にする契約は特別なものでは
ありません。

あなたが今まで何度もしてきたものと同じな
わけです。


ではなぜ長年成果を出すことができるのか?


それは



ドクターとの「関係を変える」ノウハウを
鈴木氏は確立しているからです。



鈴木氏は最初から売り込みません。
保険の話も一切語りません。

全力を注ぐのはドクターの「関係を変える」
事なのです。

保険を売る人と売られる人ではなく
ドクターとパートナーという
「関係に変えます」

もちろん保険のメリットを語ったり
設計書を出して売り込んでも「関係は変わり」
ません。



やり方があるのです。


詳しいやり方は音声セミナーのインタビューで
語っていただきました。

「関係を変える」事ができれば
既契約は関係なくなります。

例え数日前に加入したばかりのドクターで
あっても

あなたの顧客にすることができるようになる
のです。

さらにこのやり方がすごい点は飛び込みでも
ドクターマーケットの開拓ができるようになる
点です。

実際に鈴木氏のベースとなるマーケットは
ほぼすべて飛び込みから開拓したドクター
ばかりです。

いきなり飛び込みで保険を売り込むことは
難しいですが

「関係を変える」ことなら可能になるという事
です。


決して高度で難解なノウハウではありません。
知っているか知らないかだけの差なのです。

あなたはこのやり方を知らないだけで本来で
あれば獲得できたはずのドクターの契約を
今までいくつも見逃してきてしまったと言って
いいかもしれません。

もうこんな勿体ないことをしないで済むように
なります。

またトークや提案を変えるだけですか?

それとも「関係を変える」やり方を
学びますか?

まずはこちら↓を読むことからスタートして
ください。
 
音声セミナー
2億稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
~なぜ私はたった1人でコネなし接待なし
でも成功できたのか?~


smartphone-3149992_640.jpg


■Twitter(@takuouchida)より

 
 
優先順位1位を聞き出せ。

売れない人は顧客の既契約や保険料を
まず聞き出そうとする。

一方以前インタビューした成功者は
顧客の優先順位1位を聞き出す。

価値観を聞き出すのだ。

そして顧客の価値観に沿って営業を進める。

売れない人は自分がいいと思う、
自分の価値観で営業を進めてしまう。

 

■YouTubeセミナー
(2分44秒)


 
トークや提案はもう学ぶな!
トップセールスの「ここ」を真似するだけで
保険が売れる!





■無料音声セミナープレゼント

 
 
いい提案をしてクロージングしてもお客様から
いい返事がもらえないということは
ありませんか?
 
実は無理にクロージングしなくて「ある方法」で
プレゼンするだけで契約になってしまう方法が
あります。
 
多くの人はこのやり方を知らないから思った
ような結果が出せないと感じます。
 
アイブライトのLINE@に友だち追加・登録を
していただくと1時間21分の音声が聴ける
URLを自動返信でお送りします。
 
こちらから友だち追加・登録。


 
アイブライト有限会社
内田拓男

内田拓男のTwitter

Facebook

YouTube




関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

プロフィール

アイブライト有限会社代表取締役。

昭和45年7月21日生まれ。
立教大学社会学部在学中より大手家庭教師派遣会社に歩合制営業マンとして参画しお客様獲得・営業ノウハウを学ぶ。
卒業後、大手保険会社を経て26歳の時、(有)内田保険事務所を設立し独立。その後、時代に先駆けて保険代理店のM&Aなどを行う傍ら出版社などの新規事業の経営にも関わり、合計5社の経営・起業を経験。平成17年2月すべてのグループ会社の経営から退き、自身6社目となるアイブライト有限会社を設立。



コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com