【保険営業話法】売れる人と売れない人のセールストークは同じ。違いはここにあります

man-2106040_640.jpg

■【保険営業話法】売れる人と売れない人のセールストークは同じ。違いはここにあります

トップセールスパーソンはどんなセールストークで多くの保険契約を獲得しているのか?・・・多くの保険営業パーソンは知ろうとします。

間違いではありませんが、セールストークは売れる人も売れない人も大差がないケースがほとんどだと感じます。

では大きな差がでるのはなぜか?

ある話法の違いから結果の違いが生まれるのです。そのセールストークではない話法とは何か?を紹介します。
 

hand-2722108_640.jpg

■【保険営業話法】売れる人と売れない人のセールストークは同じ。違いはここにあります



少し考えてみてください。

彼氏がいない女性に信頼できる、ある男性をあなたが紹介しようと考えています。女性に何と声を掛けますか?

「紹介したい男性がいます。今度一緒に食事しませんか?私がお連れします。」

こんな改まった言い方もいいでしょう。しかし女性は紹介されたら断れないなどと重く考え、会うこと自体を断ることも予想できます。

私なら心理的なハードルを低くする言い方をするでしょう。

「今度、うちでBBQするんだ。来ない?知人の男性も連れてくるよ。」

こんな表現をすれば堅苦しいと感じる異性の紹介と遊びの「垣根が低くする」ことができると感じます。



少年野球を指導している友人のチームはメンバーが少なく存続の危機。

新規の野球部員を募集しようと、練習体験会を定期的に開催したそうです。しかし集客はイマイチ。ほとんど部員が増えませんでした。

そこでやった事は餅つき大会や花火大会。野球とは全く関係ありませんでしたが、部員と参加者が遊びを通して仲良くなり、結果として部員になる人が多く現れたといいます。

このケースも野球と遊びの「垣根を低くする」ことでうまくいった例と言えるでしょう。



これら2つの話は法人保険営業に通じます。



法人開拓が進まない・・・社長からすぐ断られてしまう・・・法人契約を増やしたいが結果がでない・・・こんな悩みを抱えていませんか?


今回の紹介する音声でインタビューした大田氏は法人開拓の達人で長期的に法人契約を獲り続けている、日本を代表する保険営業のトップセールスパーソンです。

しかしセールストークや提案する保険は特別ではありません。あなたが普段保険営業の現場で使うものと大差がないのです。


特別なのは1つのだけ。


保険営業パーソンなら当たり前のようにする雑談が特別なのです。

雑談の語り方、雑談の話法。

あなたはこれまでにトップセールスパーソンの雑談の話法を学んだことがありますか?

ない?

ならば法人保険営業で思い描いた結果がでないのは仕方がないのかもしれません。実際にセミナーや研修で学べることはセールストークに関してのノウハウばかりですから。


実は契約に繋がる雑談話法と普通の雑談が存在するのです。


ほとんどの保険営業パーソンは社長と雑談をしてから本題に移ります。一方大田氏の話法は全く違います。


雑談=本題。


雑談と本題の「垣根を低くする」ことに大田氏は成功しています。

社長は雑談をしているという感覚、すなわち売り込まれているとか営業を掛けられているという思いにならずに最後は契約になってしまう話法と言っていいでしょう。


では具体的にどんな雑談話法を大田氏は使っているのか?


大田氏のインタビューを通して、これは今すぐ使えて効果抜群だと確信した話法が


トランプ大統領話法。


話法というとセールストークと勘違いする保険営業パーソンがいるかもしれませんが、あくまで雑談の話法。

トランプ大統領をある方法で雑談をすると、社長の資産を明らかにすることが
できてしまう!これが大田氏が確立した雑談の話法です。

社長の資産のコンサルティングから法人のコンサルに移行してすべての契約を総取りするのが大田氏の得意とするパターンです。

難しいノウハウや話法は不要です。

毎日のように新聞やインターネットで報道されているトランプ大統領の雑談を社長とすればいいだけなのです。

詳しい雑談話法は音声セミナーのインタビューで詳しく大田氏に解説いただきました。

そっくりそのまま真似するだけでも効果は期待できると感じます。

「垣根を低くする」雑談話法があなたのスキルになったら、今までの常識では考えられないことが起こると確信しています。


社長から断られない

社長から拒絶されない

売り込もうとするから、社長は断ったり拒絶をするのです。雑談をして断られることは普通ありません。

つまりあなたの法人保険営業が雑談話法を活用すると、断られない、拒絶されないものに変わるのです。


断られない、拒絶されない法人保険営業。

今まで感じていたストレスはなくなり、自信を持って法人を訪問できるようになると感じます。

また断られそうだから訪問しないと考えていた見込み法人にアプローチできあなたの訪問先は劇的に広がるのではないでしょうか。

こうなればあなたの保険営業は大きく変わり、最後に手にする成果も変化すると思いませんか?



また音声セミナーで詳しく語られているマイナンバーの雑談話法も今とても有効だと考えます。

コロナの経済対策で実施された10万の給特別定額給付金。この申請の際、話題になったマイナンバーカード。

実はこのマイナンバーもある話法で雑談すると、法人保険に繋がるのです。

マイナンバーの雑談=本題=法人保険・・・「垣根を低くする」ことで、社長に拒絶されたり断られることなしに契約に繋げられるようになるのです。


音声セミナーの内容の一部を紹介すると・・・


・トランプ大統領を語れば社長の個人資産を丸裸にできる

・もうセールストーク、提案真似るな売れている人の雑談を真似よ

・保険・資産の見直しに直結する 「マイナンバー」雑談とは

・「パナマ文書」の雑談で 法人保険が売れることをご存知でしたか?

・大型契約が欲しいなら 社会保険料の雑談をしなさい

・このオリンピックの雑談をしないと 大損します

・法人・個人すべての保険を総取りできるある雑談とは?




大田氏のプロフィールはこちら↓です。

ニッケイグローバル株式会社 代表取締役。1963年大阪府生まれ。関西学院大学卒業後、近畿日本ツーリストで10年間海外関連業務を経験。

その後大手生命保険会社にヘッドハンティングされ実績を残し、保険代理店として独立。
NPO法人全日本保険FP協会 財務FP、MDRT終身会員、TOT資格1回、COT資格4回。一般社団法人日本相続学会 関西事務局を担当。 一般社団法人ほほえみ信託協会理事。

経営コンサルタント会社や会計事務所と提携し、中小零細企業経営者や土地オーナーを中心に事業承継や相続に関してのアドバイスに奔走している。

海外金融にも精通し、主な顧客である経営者・資産家、富裕層へのアドバイスは生命保険のみにとどまらず、海外不動産投資やオフショア活用術など多岐にわたる。アメリカ現地法人「Nikkei Global Inc.」の取締役も務め、ワールドワイドなコンサルティング、助言を実践し多くのお客様から感動・感謝されている。

もちろん現在も営業の現場に立ち、トップセールスパーソンとして結果を残し続けている。またセミナー講師としても人気を博している。講演先は生命保険会社にとどまらず、全国農業協同組合、上場経営コンサルタント会社、大手金融機関、会計事務所など様々な分野の団体・企業からオファーが殺到している。





大田氏に関するブログの記事です↓

・北朝鮮を語ると法人保険が売れる?絶対断られないトークテクニック

・社長に見直しを提案しても保険が売れないなんて嘘!このトークを知らないだけです

・税理士から依頼・お願いなしで社長の紹介を入手するのは簡単です!





音声セミナーは収録時間1時間40分。料金は19800円(税込)です。



少し高いと感じた方もいるかもしれません。しかし他ではまず学ぶことができないはずの雑談話法・ノウハウが学べるのです。

社長に売り込みと感じさせずに断りがなくなる法人保険営業の方法をあなたは手に入れられます。

税制や法律が変わったら使えないものではなく、一度身に付ければこの先ずっとあなたの保険営業で使えるものです。

こう考えるとこの値段は安すぎるとも言えます。

日本代表するトップセールスのセミナーに参加するためには数万円~数十万円の費用がかかることもあります。セミナー会場までの交通費や宿泊費そして懇親会費などを考慮すると、1度セミナーを受けるだけで多額のお金が消えていきます。

もちろん素晴らしいセミナーもたくさんありますが、聴けるのは1度だけです。たった1度聴いただけで、すべてを理解し、すぐ実践してトップセールスパーソンと同じ結果を出せる人は果たしてどのくらいいるでしょうか?

一方、音声セミナーならいつでもどこでも何度でも聴くことができます。

「50回以上は聴きました」音声セミナー購入者のある保険営業パーソンの声です。19800円÷50回=396円。1回あたりコーヒー1杯分程度の投資であなたは保険営業のトップセールスのスキル・話法を自分のものにできるわけです。

セミナーなどに比べても効率のよい投資だと判断できませんか?

そもそも今回の話法・ノウハウを活用してたった1件の契約しか獲れなくてもあなたが手にするコミッションは音声セミナーの料金を上回るのではないでしょうか。



なぜ映像でもセミナーでもなく音声による情報提供なのか?




学習効果があり、忙しく時間が命の保険営業パーソンにとってもっとも適したメディアだと確信しているからです。

セミナーに参加する場合、オンラインを含めてあなたの貴重な時間を割かなければなりません。映像も有効な手段ですが、見ている間は他の事は基本的にできないのではないでしょうか。

一方、音声は違います。移動中、運転中場合によっては歩いていても走っていても耳を傾けることができます。

あなたの貴重な営業時間を1分も無駄にすることなしに成功者の話法やノウハウを自分のものにできるわけです。

プロゴルファーの石川遼選手は聴くことで英語をマスターしたのは有名な話です。またサッカーの本田圭佑選手も音声音声コンテンツの定額制配信サービス「NowVoice」をスタートしました。

音声による学習は効果があり今後ますますビジネスパーソンを中心にメジャーになっていく勉強方法だと考えております。



なぜインタビュー形式の音声なのか?




講演形式よりも聴くやすく、リピートしやすいというのが大きな理由です。

また保険営業の成功者であっても成功した原因をすべて自分で把握していないケースも多々あります。インタビューであればそこを引き出すことができるのです。

長寿番組の「徹子の部屋」もインタビュー形式です。ゲストが一人で出てきて話だけの形式だったら、あそこまで長く愛される番組にならなかったと予想します。

聴きやすくリピートでき、成功者の隠れたノウハウやスキルを引き出せる・・・これがインタビューです。



音声セミナー購入の手続きは超簡単です。




この文章の下にあるリンクをクリックすると弊社のページに繋がります。情報を入力してクレジットカードか銀行振込か支払い方法を選ぶだけです。

確認がとれましたら、音声がダウンロードできるURLをメールにて送ります。あなたはそのURLをクリックして指示通りに進めば、簡単に音声はあなたのスマホやPCにダウンロードされます。

ダウンロードのやり方はメールにも記載していますし、わからなければダウンロードから音声が聴けるまで、こちらで責任を持ってサポートします。ご安心ください。

音声はグーグルのドライブにコピーして保存することがおすすめ。こうしておけばスマホやPCの機種変更があっても一生音声セミナーを聴くことができます。


難しいノウハウ・話法ではありません。知っているか知らないかだけの差なのです。

あなたは今回学べる雑談話法を知らないだけで、本来なら獲得できたはずの法人保険をみまみす見逃してきてしまったと言っていいかもしれません。

もうこんな機会損失をしないで済みます。

それでも雑談をしてから保険を語りますか?

それとも雑談で保険を売りますか?




こちらのリンクを今すぐクリック↓
音声セミナー「さらばセールストーク この雑談で法人保険が売れる 100%社長に断られないアプローチ手法」

business-3560920_640.jpg

■Twitter(@takuouchida)より

 
 
売れる人はこれに全力投球

ミシュランはタイヤを売るためにレストランガイドを作った事は有名。ガイドの店に車で出かける⇒タイヤが減る⇒タイヤが売れるという仕組み。保険営業の成功者も仕組みを作る事がうまい。売ることも重要だが、それ以上に仕組みは大切。


■YouTubeセミナー
(16分)



【保険営業見込み客発見方法】行くところがないがなくなる



■無料音声セミナープレゼント

 
いい提案をしてクロージングしてもお客様からいい返事がもらえないということはありませんか?

実は無理にクロージングしなくても「ある方法」でプレゼンするだけで契約になってしまう方法があります。
 
多くの人はこのやり方を知らないから思ったような結果が出せないと感じます。
 
アイブライトのLINE@に友だち追加・登録をしていただくと1時間21分の音声が聴けるURLを自動返信させていただきます。 

こちらから友だち追加・登録。



プロフィール
アイブライト有限会社
内田拓男

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook


関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ