【保険営業】法人に売れない人はこれをやっていない!

glutinous-3555340_640.jpg
コロナの影響もあって法人に保険が売れない!と悩む保険営業パーソンは少なくないはずです。

多くの保険営業パーソンは保険提案を変えたりセールストークを変えて現状を打破しようとするのではないでしょうか。

間違いではありませんが、トップセールスはやっている事がまるで違います。

法人に売れる人はやっていて、売れない人はやっていない事を詳しく解説します。


yakisoba-2470654_640.jpg

【保険営業】法人に売れない人はこれをやっていない!


少し前に老舗和菓子店の大福を食べました。

餅が軟らかく、中のあんこの味も最高!値段は確か180円だったと記憶しています。

別の日、私はあるカフェで打ち合わせをしました。

その際注文したのが、デザートとして洋風にアレンジされた大福です。

メニューには大福の餅やあんこへのこだわりが記載され、大福はおしゃれなお皿でかっこよく盛り付けられ、私の前に運ばれました。

和菓子老舗店と同じくらいおいしい味だと感じ大満足。

味はほぼ同じでも大きく違う点が1点あります。

それは値段。

和菓子店は180円でしたが、カフェの大福は450円。

コーヒーとセットで900円でした。

大福だけで比べると2倍以上。大福の大きさもほぼ同じことから、原価もほぼ同じと予想できます。

しかし売る値段は2倍の差。

カフェは単なる大福ではなくスイーツとして売る事、メニューでこだわりを伝える事そしておしゃれな皿を使いかっこよく盛り付けることで、大福の「価値をアップ」させたと考えられます。

「価値をアップ」させることはビジネスは成功の鍵になると感じます。




友人経営者から教えてもらった話です。

鉄板で調理して焼きそばを売る店が、ある時期から鉄板の劣化などの原因で作ると必ず一部のそばが鉄板にくっつき焦げてしまうようになったそうです。

店主は焦げたものを出すわけにはいかないと考え、焦げた部分のそばは廃棄していたそうです。

しかしある時期から焦げた焼きそばを”焦がし焼きそば”と命名して売り出したところ、これが好評で人気になったとの事。

焦げて廃棄していたそばをネーミングを工夫することで、見事に「価値をアップ」させたと言っていいでしょう。

ビジネスで「価値をアップ」させることはやはり大切です。


これら2つの話は法人保険営業に通じます。




法人保険が売れない・・・いい情報を提供して有利でお得な提案をしても法人契約が獲れない・・・法人保険営業が上手くいくコツがわからない・・・こんな悩みを抱えている保険営業パーソンは多いでしょう。

法人に売れない営業パーソンは提案するプランを工夫したり、セールストークを変えたりするのが一般的です。

もちろん間違いではありません。

しかし法人保険営業で上手くいくコツは全く別の部分にあることを今回の音声セミナーでインタビューした小林氏の話を聞いて気づきました。

小林氏は長年法人保険営業で成功を続ける日本を代表するトップセールスパーソンです。

社会や経済の変化に左右されることなしに法人保険を売り続けているいます。

小林氏の法人保険営業で力を入れている事は「価値をアップ」させる事です。

もちろん保険の「価値をアップ」させる事が秀逸なのです。

みんな保険の「価値をアップ」させる前、社長に保険の価値を理解させる前に設計書を出して流暢に売り込んでしまいます。

法人に売れないのは「価値をアップ」させる事をしないからです。

しかし「保険は素晴らしい商品で価値があります」と強くアピールしても社長が感じる「価値をアップ」させることはできません。

小林氏が語るのはamazonについてです。

通販の王者できっとあなたも使った経験のあるamazon。

amazonが便利な事、会社としてすごい事を単に世間話をするのではなく、amazonを語ることで社長と未来を語るのです。

amazonをきっかけに社長と未来を予想すると表現していいでしょう。

実はこの流れで話を進めるだけで、社長の保険に対する「価値はアップ」するのです。

劇的に上がると言っても過言ではありません。


社長が保険に強い「価値」を感じたら、後は今まで通りの法人保険営業でいいのです。

法人に保険が売れないのは「価値をアップ」させる事ことをしてないから。

「価値をアップ」させるためには、amazonをきっかけにして社長と未来を予想する事。


いかがでしょうか。

詳しいやり方、話法は音声セミナーのインタビューで小林氏に一から詳しく解説いただきました。

音声を聴けば、あなたは保険の「価値をアップ」させることができるようになると考えています。

社長が保険に強い価値を感じたら、法人保険が売れないということが果たして起こるでしょうか?

みんなが法人保険営業でうまくいかないのは、社長が価値を感じる前に設計書を出して売り込んでしまうからです。

まずやることはうまく売り込むことではなく、社長の保険に対する「価値をアップ」させることです。

これが法人保険営業が上手くいく最高のコツです。

小林氏のプロフィールは・・・

お話を伺った時点でMDRT21回(うちTOT3回、COT13回)医療法人、製造業、パチンコ店などを中心に数多くの法人顧客を持つ。

契約者やファンからの紹介や問い合わせが多く、面談までに6か月持ちということもある行列のできる保険代理店。

なぜ契約が獲れたのか?なぜ成功できたのかを論理的に解説できる理論家でありながら現在もトップセールスパーソンとして営業現場に立ち続ける日本でも稀有な存在。



音声セミナーの内容の一部を紹介すると・・・

・この100円の「プレゼント」でほぼ100%アプローチに成功しています

・孫子の兵法でTOT

・私は「先生」と呼ばれながら契約を獲得しています

・保険業は未来予想業、この意味とは?

・少子高齢化の話から法人保険は売れます

・経営者とは保険の話ではなく未来を「こう」語れ

・コインランドリーを語って大型契約が獲れた成功事例

・東京バナナ、小池百合子氏のここを学べば保険は売れるようになる



 小林氏に関するブログの記事です↓



音声セミナーの収録時間は1時間40分。MP3ファイル2つをダウンロード形式でご提供します。

料金は19800円(税込)。



音声ファイル2つでこの値段は少し高いと感じた方もいると思います。

音声で学べるのは単なるセールストークとか提案ノウハウではありません。

社長の保険に対する「価値をアップ」させるやり方・戦術があなたのスキルになるのです。

一度身に付ければ、繰り返し、長期間使えるものです。法律や税制が変わっても影響されません。

この先、ずっと使える方法、戦術が手に入ると考えれば、この値段は決して高くないはずです。

今回の音声のノウハウを使って、たった1件しか法人契約が増えなくてもあなたが手にするコミッションは音声セミナーの料金を軽く上回るに違いありません。

1件獲れれば、それで終わりという事は普通考えられません。

繰り返し法人保険を売れるようになると考えています。

1件でペイして繰り返し何度でも長期間使えるやり方が手に入る音声セミナーと考えれば、今回の料金は安すぎると思いませんか?

音声を買うのではなく、保険営業トップセールスの経験と時間を買うと理解してください。

小林氏が今回紹介されるノウハウを構築するまでには、気の遠くなるような時間と数えきれないくらいの失敗を重ねてきました。

一からあなたが同じノウハウを作る場合、普通小林氏と同じ経験をして同じ時間を掛けなくてはならないはずです。

しかし音声セミナーがあれば、この経験と時間を省略し、一気に成功へ近づくことができると言えるのではないでしょうか。

孫正義さんも事業をスタートさせる場合、既にある企業を買収するケースが多いと認識しています。

あれは時間と経験を買っているとも考えられます。

あなたも保険営業で同じ事をするのです。

会社の買収には場合によっては数百億円のお金が必要ですが今回のあなたが行う成功者の時間と経験の買収に必要な費用はたった2万円弱。


一歩を踏み出さない方がリスクだと思うのは私だけではないはずです。

わずかな投資で成功者の法人保険営業が上手くいくコツを手に入れませんか?

なぜ映像でもセミナーでもなく音声による情報提供なのか?



あなたの貴重な営業時間を大切にしたいからです。

結局、トップセールスパーソンはしっかり行動しています。営業時間を確保しているのです。

セミナーに参加すればその間は営業が止まりまし、映像による学習は有効ですが見ている間は手が止まります。

一方音声セミナーであれば、車を運転中でも満員電車の中でも、場合によってはランニング中でも耳さえ傾けることができれば、その場をあなた専用のセミナー会場に変えることができます。

大切な営業時間を1分も削ることをしないで、売りながら、行動しながら、あなたは保険営業トップセールスの上手くいくコツを手に入れることができます。

また音声は繰り返し聴ける点が大きなメリットです。

一度聴いてすべてをすぐに理解することは難しいはずです。

何度も聴く事で新しい気づきも得られますし、自然な形で上手くいくコツがあなたの中に定着すると確信しています。

セミナーは一度聴けばそれで終わりです。

映像による学習は素晴らしいのですが、音声に比べるとリピート性で劣るというのが私の結論です。

好きなアーティストのコンサートが収録されたDVDを見る回数より曲が入ったアルバムCDを聴く回数の方がはるかに多いというのは私だけでないはず。

音声はリピートしやすく学習効果が高いのです。

有名YouTuberのマナブさんもこんなツイート↓をしていました。


音声による学習は今後ますます有効になるのではないでしょうか。

プロゴルファーの石川遼選手も英語を音声でマスターした話は有名です。

またサッカーの本田圭佑選手は最近「NowVoice」という音声による情報サービスをスタートさせました。

世界の本田も音声を選んでいるわけです。こちらご参考までに↓


なぜ講演形式ではなくインタビュー形式なのか?



保険営業のトップセールスパーソンであっても自分がなぜ成功しているのかをすべて把握しているとは限りません。

自分でも気づいてない成功の秘訣があるわけです。

インタビューであればそれを引き出すことができます。

長寿番組の「徹子の部屋」もインタビュー形式。ゲストが1人で出てきて語るだけなら、あそこまでの人気で長く続かなかったはずです。

また対談、インタビューは講演形式よりも何度も聴きやすいというのは、音声による情報収集を今でも実践している私が日々感じている部分です。

音声セミナーのインタビューは2017年。そんな古いものが参考になるのか?



心配ご無用です。

本物のノウハウは色あせません。

ドラッカーや松下幸之助の本は出版から何年経ってもビジネスパーソンのバイブル的存在です。

この音声も同じだと考えています。

音声で学べるのは小手先のテクニックではありません。

今もそしてこれからもずっと使える法人保険営業が上手くいくコツです。

あなたの保険営業におけるバイブル的存在になると期待しています。

音声セミナー購入の手続きは超簡単です。



この文章の下にあるリンクをクリックすると弊社のページに繋がります。

情報を入力してクレジットカードか銀行振込か支払い方法を選ぶだけです。

確認がとれましたら、音声がダウンロードできるURLをメールにて送ります。

あなたはそのURLをクリックして指示通りに進めば、簡単に音声はあなたのスマホやPCにダウンロードされます。

ダウンロードのやり方はメールにも記載していますし、わからなければダウンロードから音声が聴けるまで、こちらで責任を持ってサポートします。ご安心ください。

音声はグーグルのドライブにコピーして保存することがおすすめ。

こうしておけばスマホやPCの機種変更があっても一生音声セミナーを聴くことができます。

さあ勇気を持って一歩を踏み出し、ほんの少しあなたの保険営業をカイゼンしませんか?

大きく変える必要はありません。保険の設計書を出す前に、社長の保険に対する「価値をアップ」させるだけでいいのです。

高度で難解なノウハウではありません。知っているか知らないかだけの差です。

あなたは今回のノウハウを知らないことで本来であれば獲得できたはずの法人契約を今までみすみす見逃してきてしまったと言っていいかもしれません。

もうこんな機会損失を続けないで済むようになります。

こちらのリンクを今すぐクリック↓


finger-3530353_640.jpg

■YouTubeセミナー【法人保険営業】法人に売れる人がやっていて、売れない人はやっていない事

 


■無料音声セミナープレゼント



いい提案をしてクロージングしてもお客様からいい返事がもらえないということはありませんか?

実は無理にクロージングしなくても「ある方法」でプレゼンするだけで契約になってしまう方法があります。
 
多くの人はこのやり方を知らないから思ったような結果が出せないと感じます。
 
アイブライトのLINE@に友だち追加・登録をしていただくと1時間21分の音声が聴けるURLを自動返信させていただきます。 

こちらから友だち追加・登録。



プロフィール
アイブライト有限会社
内田拓男

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook


関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索