■第三分野しか売れない保険営業の方、一番簡単な死亡保障の売り方

scale-2635397_640.jpg
■第三分野しか売れない保険営業の方、一番簡単な死亡保障の売り方

テレビCMやネット広告などの普及で医療保険やがん保険に関心を持つ顧客は少なくないはずです。

この影響で第三分野の比較的低単価の保険はある程度売れるという保険営業パーソンは多いはずです。

しかし保険営業パーソンとして本当に売りたい、契約が欲しい死亡保障や相続対策など単価が高い保険が売れないという悩みを抱えていませんか?

医療・がん保険の話をしてから保険営業パーソンが「死亡保障も・・・」と語り、契約を勧めるだけでは実は思ったように売れないのです。

医療・がん保険から死亡保障や相続、老後、介護などに簡単に繋げるやり方を保険営業のトップセールスが確立しています。

その方法をご紹介します。



stockholm-2971339_640.jpg

第三分野しか売れない保険営業の方、一番簡単な死亡保障の売り方



昨年のことですが、散歩をしているとたくさんの人で賑わっているマーケットを見かけました。

地元で獲れた農産物、コーヒーやピザ、雑貨などを売る数十のお店が出店。

子供からお年寄りまで、まるでお祭りように多くの人が参加していて活気がある様子でした。

このマーケットが開かれている場所はあるガス会社の広い駐車場です。後で調べてわかったのですが、この会社がマーケットを主催していました。

「ガスはいかがですか?」「このガス製品はお勧めです」などとビジネスをする側から売り込みをするやり方は時代に合っていないという事ではないでしょうか。

まずは顧客に動いてもらい(この場合ならマーケットに参加してもらい)つまり「レスポンス」してもらい、それをチャンスに変えて売上に繋げて方法が有効ということでしょう。

詳しい話を聴いたわけではありませんから、あくまで私の予想ですが、マーケットに参加したお店とか参加者から、のちのちガス会社の売上に繋がったケースが結構あると考えられます。

顧客にまず「レスポンス」もらう・・・ビジネスを成功に導く鍵になるでしょう。
 
 
インターネットでよく見かける健康サプリメントのCM。

タレントや有名人を使い、テレビCMもたくさんしていますのでかなり予算を掛けていることがわかります。

CMで何度もアピールしているのは「買ってください」「毎日飲んでください」という類の宣伝ではありません。

とにかく無料のサンプルを請求することを何度も繰り返し訴えています。

売るのではなく、顧客に「レスポンス」してもらう事に最大限の力を入れていると言っていいはずです。

1度「レスポンス」してもらえば、ある一定の割合で売上に繋がると予測できます。

いきなり売り込むのではなく、このケースも「レスポンス」を重視しているわけです。



これら2つの話は保険営業に通じます。





通販テレビCMやネット広告の影響で顧客の医療保険やがん保険への関心が高まっていることは間違いないでしょう。

保険営業パーソンにとって第三分野の商品が売りやすくなったと言えます。

しかし第三分野は売れるけれど、それで終わってしまう・・・死亡保障や相続対策、介護や年金など比較的単価が高くなる保険が売れないと悩む保険営業パーソンが多いことも事実です。

一方で今回紹介する音声セミナーでインタビューした竹下氏は医療・がん保険の話だけで終わってしまい、死亡保障などが売れないということがまずありません。

がん・医療保険の話ができれば、ほぼ100%の確率で死亡保障などの高単価契約に繋げる事に成功し続けています。


売れない保険営業パーソンと竹下氏の差は何か?




それは「レスポンス」なのです。

死亡保障や介護、年金、相続対策などが売れない保険営業パーソンは医療・がん保険の話が終わると、自ら死亡保障などの話をしてしまいます。

「死亡保障も見直しませんか?」「相続対策はお済ですか?」「年金や介護の準備をしていますか?」

竹下氏はこうしません。一切、自分から話を振らないわけです。



自ら話をするのではなく

顧客から「レスポンス」してもらう仕組みを作り上げています。




売れない保険営業パーソンは自ら顧客に死亡保障や相続に関しての質問をします。

間違いではありませんが、竹下氏は質問しません。


顧客から質問されるのです。


まさに「レスポンス」を引き出す保険営業ノウハウ。これができれば、売れないが売れるに変わるのです。

質問される、「レスポンス」させれば、最後には依頼やお願いしなくても既契約の証券を顧客が出してきて、見て欲しいとお願いする・・・

これが竹下氏の必勝パターンです。

売れない保険営業パーソンは自ら質問をして、証券を見る事、既契約を見直すことを提案してしまいます。

間違いとは言い切れませんが、これを変えれば、死亡保障や相続、年金など高単価の保険が売れないがなくなると確信しています。


では「レスポンス」させるには?

質問させるには?

顧客が証券を持って来て見て欲しいとお願いさせるには?




詳しい保険営業ノウハウは音声セミナーのインタビューで語っていただきました。


ポイントを1つだけ紹介します。


それは


医療・がん保険の売り方を変えることです。


医療・がん保険に関心がある顧客に対して、いくつかプランを準備してそれぞれのプランのメリットやデメリットを比較しながら伝え、選んでもらう

これがほとんどの保険営業パーソンがやってる方法といえます。

誤りとは断言できませんが、このやり方だから死亡保障などが売れないのです。



竹下氏の売り方はまるで違います。



プラン自体を売り込むというよりも「選び方」「選ぶ視点」を伝授するのです。


選び方、視点これがキーワードになります。


これをすると、医療・がん保険の話が終わってから、顧客から質問されるようになるのです。

そしてあなたが提案しなくても顧客が自ら既契約の証券を持って来てあなたにいて欲しいと依頼するようになるのです。


想像してみてください。

医療・がん保険の契約が獲れるだけではなく、あなたが依頼しなくても顧客が既契約の証券を持参して、あなたに見て欲しい、見直して欲しいと言われることが日常になったら・・・

死亡保障が売れない、年金介護保険が売れない、相続対策保険が売れない

こんな事が起こらないと思いませんか?

医療・がん保険をきっかけにすべての保険を預かれるようになれば、あなたの保険営業は大きく変わり、最後に手にする成果も大きく変わるのではないでしょうか。

決して高度で難解なノウハウではありません。経験や実績も関係ありません。

知っているか知らないかだけの差なのです。

音声で解説されている保険営業ノウハウをそっくりそのまま現場で使うことができれば、売れないが売れるに変わると考えています。


竹下氏のプロフィールです↓

1968年生まれ。大学を卒業後、大手信託銀行に入社。退職後、ラーメン店・ガソリンスタンド、本屋など数々の仕事を経験しながらどん底から這い上がる過程でマーケティングや顧客心理学を学ぶ。

27歳の時カーリース会社に再就職、当初、クビ寸前の売れない営業マンだったにもかかわらず、それまで学び研究していたそのノウハウで一躍トップセールスとなる。

その実績から外資系保険会社からヘッドハンティングされ転職。コネや人脈が全くない地方都市でありながら、全国ランキング上位入賞、海外表彰受賞回数10回や三年半の毎週連続契約など輝かしい記録と共にエグゼクティブプランナーになった後、2012年独立。

その後も保険募集人として、自ら北は北海道から南は鹿児島までの法人・個人のお客様の保険相談にのる傍ら、2年で8割が辞めていくといわれる保険業界においてかつて売れない営業マンから這い上がることができた自分の経験が活かせないものかと生み出した、お客様心理をベースにセールスプロセスを組み立てていくセールススキル、「EQセールス®」の体系化に成功。




音声セミナーの内容の一部を紹介すると・・・

・こうすれば10年前に契約した顧客でも毎年紹介を獲得できます 
 
・医療保険やがん保険の話を100%死亡保障に繋げられる話法
 
・紹介が出るカレンダー配りと出ないカレンダー配り、その決定的な違いとは?
 
・この話法で見直しを提案しなくてもお客様が既契約の証券を持ってきます
 
・死亡保険金の受取人についてこう語るだけえ法人を新規開拓できる
 
・契約単価を劇的にアップさせる方法を伝授します
 
・こう消費税を語るだけで死亡保障や学資保険が簡単に売れる




こちらも読みたい!


竹下氏に関するブログの記事です↓

【法人保険営業】即決で法人保険が売れる秘密

■【法人保険営業】即決で法人保険が売れる秘密 何度も何度も通い、何度も何度も情報提供をしないと法人保険は売ることができない!これが保険営業パーソンの常識です。 一方、即決に近い形で驚くほどのスピードで法人保険を売りまくる保険営業の成功者がいます。 保険営業の現場でお得で有利なプランを流暢に売り込んでも社長の即決を引き出すことは実はできません。 やり方があるのです。 ...




【保険営業】紹介を劇的に増やす方法。まだ契約時にしか紹介はもらえないと考えますか?

■【保険営業】紹介を劇的に増やす方法。まだ契約時にしか紹介はもらえないと考えますか? 契約時は顧客の満足度はピークに達しているので、この瞬間を逃したら紹介入手は難しい・・・これが保険営業パーソンの常識ではないでしょうか。 しかし契約時以外でも紹介をコンスタントに入手している保険営業のトップセールスパーソンがいます。しかも紹介のお願いや依頼は一切しないで。 ...






音声セミナーの収録時間は2時間12分。MP3ファイル2つをダウンロード形式でご提供します。

料金は19800円(税込)。



音声ファイル2つでこの値段は高いと判断した保険営業パーソンもいるはずです。

しかし、音声セミナーで学べる保険営業ノウハウは期間限定のものでも、法律や税制が変わったら使えなくなるものではありません。

医療・がん保険の話から死亡保障や相続、年金介護など顧客のすべての保険をお預かりするための方法です。

一生ものの保険営業スキルと言っていいでしょう。

ずっと繰り返し使えることを考慮すれば、今回の料金は決して高くないはずです。

仮に音声セミナーで語られている保険営業ノウハウを活用してたった1件の保険契約しか増えなくて、あなたが手にするコミッションは音声セミナーの料金を上回るのではないでしょうか。

1度売れれば、それで終わり、その後は売れないという事はまずありません。繰り返し繰り返し同じように使え、繰り返し結果を出せるスキルです。

こう考えてくると今回の料金は安いとも言えませんか?


音声を買うというよりもトップセールスの経験と時間を買うのです。

竹下氏が今回のノウハウを構築するまでには、気の遠くなるような時間を使い、数えきれない程の失敗の経験を積み重ねてきたはずです。

あなたも竹下氏と同じ時間を掛け、経験をすることもいいのですが、目の前にはそれらを一気に省略でき、効率的に成功に近づける方法があるわけです。

日本で活躍する有名なベンチャー起業家は、新しいビジネスをスタートさせる時、一から会社を立ち上げるよりも、既に実績のある会社を買収するケースが多いと認識しています。

孫さんも三木谷さんもみんなそうです。

あなたも同じことをするのです。トップセールスの経験と時間の買収。

会社の買収には場合によっては数百億円の資金が必要ですが、あなたが今しようとしている買収に掛かる資金はわずか2万円弱。

やった方がいいよりうよりも、この買収はやらない方がリスクとさえ感じます。



なぜ映像でもセミナーでもなく音声による情報提供なのか?



理由は3つあります。

1つはあなたの貴重な営業時間を削りたくないからです。結局、竹下氏を含め、日本を代表する保険営業トップセールスはよく行動しています。

Facebookの投稿などを見ればわかりますが、無駄な時間を作りません。移動時間や隙間時間に勉強し、情報収集して、営業時間を死守しています。

音声セミナーであれば、車の運転中でも満員電車の中でも場合によってはランニング中でも耳さえ傾ければ、その場をあなた専用のセミナー会場に変えることができます。

貴重な営業時間を1分も削ることなしに、売れないという悩みを解消できるわけです。

セミナーに参加すればその間は営業はできません。映像による学習も素晴らしいのですが、見ている間は手が止まります。

音声であれば、行動しながら営業しながら、あなたのスキルをアップさせ、売れないが売れるに変わると考えています。


2つ目は、音声は繰り返し聴けて学習効果が高い点です。

セミナーは基本的に1度話を聴けばそれで終わりです。

動画などの映像による学習はリピート性という部分で比較するとはるかに音声が優れていると感じます。

好きなアーティストのコンサートが収録されたDVD・ブルーレイを見る回数よりも曲が入ったアルバムを聴く回数が圧倒的に多いのは私だけではないはずです。

1度だけでトップセールスのノウハウをすべて理解し、売れない悩みがすぐに解消される保険営業パーソンは少ないでしょう。

音声であれば何度も何度も繰り返し聴くことが容易です。繰り返すことで自然な形で成功者のスキルがあなたの中に定着すると考えています。

実は弊社も創業時はセミナーも開催していましたし、DVDもリリースしていました。

しかし音声の学習効果が一番高いとの結論に達したのです。


3つ目は他の分野でも音声の活用は注目されていて、今後ますます活用されるメディアだと考えているからです。

有名YouTuberのマナブさんもこんなツイート↓をしていました。


音声による学習は今後ますます広がるのではないでしょうか。

プロゴルファーの石川遼選手も英語を音声でマスターした話は有名です。

またサッカーの本田圭佑選手は最近「NowVoice」という音声による情報サービスをスタートさせました。

世界の本田も音声を選んでいるわけです。こちらご参考までに↓



あなたもこの大きな流れに乗り遅れないでください、成功者は既に音声による勉強・情報収集をスタートしています。


なぜ講演形式ではなくインタビュー形式なのか?



保険営業のトップセールスパーソンであっても自分がなぜ成功しているのかをすべて把握しているとは限りません。自分でも気づいてない成功の秘訣があるわけです。

インタビューであればそれを引き出すことができます。

長寿番組の「徹子の部屋」もインタビュー形式。ゲストが1人で出てきて語るだけなら、あそこまでの人気で長く続かなかったはずです。

また対談、インタビューは講演形式よりも何度も聴きやすいというのは、音声による情報収集を今でも実践している私が日々感じている部分です。


インタビューの収録は2014年。そんな古いインタビューが今本当に参考になるのか?



本物のノウハウは色あせません。ドラッカーや松下幸之助が書いた本は出版から何年経っても世界のビジネスパーソンのバイブル的存在です。

今回の音声も保険営業パーソンの売れないを解消するバイブル的存在になり得ると確信しています。

録音されたのは前ですが、もちろん今でも使えるノウハウですし、これからもずっと使えると考えています。

小手先のテクニックではなく、顧客にレスポンスさせ、質問させ、行動させるノウハウです。

仮に保険の仕事から離れたとしても十分活用が可能です。


音声セミナー購入の手続きは超簡単です。




この文章の下にあるリンクをクリックすると弊社のページに繋がります。情報を入力してクレジットカードか銀行振込か支払い方法を選ぶだけです。

確認がとれましたら、音声がダウンロードできるURLをメールにて送ります。あなたはそのURLをクリックして指示通りに進めば、簡単に音声はあなたのスマホやPCにダウンロードされます。

ダウンロードのやり方はメールにも記載していますし、わからなければダウンロードから音声が聴けるまで、こちらで責任を持ってサポートします。ご安心ください。

音声はグーグルのドライブにコピーして保存することがおすすめ。こうしておけばスマホやPCの機種変更があっても一生音声セミナーを聴くことができます。


さあ勇気を持って一歩を踏み出しませんか?

医療・がん保険など安い保険料の契約は獲れても死亡保障など高単価になる保険が売れないという悩みを持つ保険営業パーソンが変われる方法です。

難しく高度で真似できない保険営業ノウハウではありません。知っているか知らないかだけの差です。

あなたは今回のノウハウを知らないことで、本来なら売れたはずの死亡保障などの高額保険を今までたくさん見逃してきて、売れない結果を導いてきてしまったと言っていいかもしれません。

もうこんな機会損失を続けないで済むようになります。

まずはこちらの文章をお読みください↓
音声セミナー この2つの非常識ノウハウだけで数千万円稼げる 1件の医療保険を相続などの大型案件に変える!単価を50倍にする方法 10年前に契約した顧客から毎年紹介を獲得し続けるトーク術

vitamins-5211139_640.jpg


■YouTubeセミナー(30分)

 
【保険営業で稼ぐ、儲かるコツ】保険契約単価アップ・紹介獲得のコツ


■無料音声セミナープレゼント



いい提案をしてクロージングしてもお客様からいい返事がもらえないということはありませんか?

実は無理にクロージングしなくても「ある方法」でプレゼンするだけで契約になってしまう方法があります。
 
多くの人はこのやり方を知らないから思ったような結果が出せないと感じます。
 
アイブライトのLINE@に友だち追加・登録をしていただくと1時間21分の音声が聴けるURLを自動返信させていただきます。 

こちらから友だち追加・登録。



プロフィール
アイブライト有限会社
内田拓男

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook


関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ