これがTOTの保険営業成功者が法人開拓で社長に話す内容

goat-3790060_640.jpg
TOT3回、COT13回など法人開拓で成功を続ける保険営業パーソンは現場で社長にどんな話をしているのかを紹介します。

もちろん保険をいきなり売り込むわけでも相続対策をしているかの質問も保険営業成功者はしません。

社長が今一番知りたく、興味がある「あれ」を語ると、法人開拓を成功に導けるのです。

法人開拓で何を語ればいいのかわからない・・・がんばって情報を提供しても断られてしまうという保険営業パーソン必見です。



glasses-919071_640.jpg

■これがTOTの保険営業成功者が法人開拓で社長に話す内容



「ミニ動物園開催!動物を抱っこして写真が撮れるよ。みんな来てね~」

少し前ですがラジオからこんな宣伝フレーズが流れてきたと記憶しています。

CMを出しているのは動物園ではありません。マンション販売会社です。ミニ動物園が開かれるのはモデルルームがある展示場のイベントスペースです。

このCMは比較的小さな子供を集めるためと思われます。子供が来れば当然大人も付いてきます。

その大人がマンション購入の見込み客になるという仕組みでしょう。

「マンションに興味がある人は来てください!」と直接アピールしても集客は難しいはずです。

まず子供を集めるという「1ステップ」を入れることで、マンション販売会社は目的を達成しやすくなるのではないでしょうか。

直接ではなく「1ステップ」を入れる・・・ビジネスを成功させる武器になると考えます。



エグゼクティブをターゲットにした飲食店は宣伝のためある人たちを無料で招待したという話を聞いたことがあります。

普通ならお金を持っている経営者・社長を招待するというのが常識です。

しかしその店が招待したのは、大手企業の幹部の秘書。

大手企業の接待や会食の店を予約するのは経営者本人は普通しません。秘書の仕事です。

秘書がいい店、おいしい店、接待に使える店と認識すれば、予約が入りやすくなるというわけです。

この例も秀逸な「1ステップ」を入れた戦術と言っていいはずです。



これら2つの話は法人保険営業に通じます。





法人開拓がうまくいかない・・・いい情報を提供しようとしてもすぐに社長から断られてしまう・・・既契約より有利でお得な提案をしてもなぜか契約にならない・・・

こんな法人開拓の悩みを抱えている保険営業パーソンは多いに違いありません。


法人開拓で売れる保険営業パーソンと売れない保険営業パーソンには決定的な1つの大きな違いがあるのです。

それは

マンション販売と飲食店の例と同じで

「1ステップ」を入れるか、入れないか。

法人開拓で成功を続ける保険営業パーソンはいきなり保険を語ることはありません。相続対策や事業継承も退職金や税金など保険に繋がりそうな話題で社長にアプローチすることはまずありません。


では法人開拓で成功するトップの保険営業パーソンは何を語っているのか?




以前インタビューした法人開拓のスペシャリストでお話を伺った時点でMDRT21回(うちTOT3回、COT13回)のトップ保険営業パーソンの小林氏は

ズバリ、保険営業パーソンが言いたい事ではなく、社長が聞きたい、知りたい事を語っているのです。


小林氏のプロフィールはこちら↓

お話を伺った時点でMDRT21回(うちTOT3回、COT13回)医療法人、製造業、パチンコ店などを中心に数多くの法人顧客を持つ。

契約者やファンからの紹介や問い合わせが多く、面談までに6か月持ちということもある行列のできる保険代理店。

なぜ契約が獲れたのか?なぜ成功できたのかを論理的に解説できる理論家でありながら現在もトップセールスパーソンとして営業現場に立ち続ける日本でも稀有な存在。





もっと具体的に言います。

小林氏が法人開拓で社長にまず語るのは

保険でも相続でも退職金でも税金でもなく



「未来」を語っているのです。



「未来」を社長と一緒に予想しています。

これが法人開拓で長年成功を続けるトップ保険営業パーソンの「1ステップ」なのです。

コロナの影響もあって時代や社会は大きく変わろうとしています。誰も先の事はわかりません。

だからこそ会社の経営者は少しでも知りたい、予想したいのです。

もちろんただ「未来」を語って終わりではありません。

「未来」を社長と予想すれば、予想した「未来」に対しての対処・準備という話に繋がるのです。

対処・準備の1つとして保険が必要になってしまう!これが法人開拓のスペシャリストでありトップ保険営業パーソンの小林氏の成功パターン。



もちろん社長に「一緒に未来を予想しませんか?」とは言いません。

「未来」を予想するために、大きなきっかけになる話題が存在するのです。


それがamazon。


通販の王者のアマゾン。これを語ると、自然な形で話は未来そして未来を予想する事に進みます。


トップ保険営業パーソンの小林氏は法人開拓でアマゾンをきっかけに社長と「未来」を語るのが「1ステップ」

この「1ステップ」を入れることで、無理に売り込んだり、強引なクロージングすることなしに法人開拓に成功し続けているのです。



この「1ステップ」を入れる戦術のメリットは法人開拓に成功する、法人保険が売れるだけではありません。

あなたの立場が変わる大きなきっかけになるのです。

法人開拓で保険の話題をいきなり出して売り込めば、あなたは単なる保険を売り込む人、普通の保険営業パーソンです。

しかし

社長が知りたい、コロナの影響で不安で心配な「未来」を一緒に予想し、その対処や準備までアドバイスできれば

あなたの立場は単なる保険を売る保険営業パーソンでなくなるのです。

パートナー、アドバイザー。

あなたは社長・経営者とこんな関係を作れるのです。

実際に小林氏は顧客である社長から「小林さん」ではなく「小林先生」と呼ばれることも少なくないとの事。

「先生」

こう呼ばれながら法人開拓ができるあなたの姿を想像してみてください。

売れない・・・断られる・・・比較される・・・こんなマイナスなことが起こる事が無くなるとは思いませんか?

全ては

「1ステップ」を入れることから始まります。


小林氏のノウハウをもっと詳しく知りたい方はこちら↓のブログ記事が参考になると思います。

【保険営業が上手くいくコツ】売れない人がやらずに、売れる人がやっているたった1つの事とは?

■【保険営業が上手くいくコツ】法人に保険が売れない人がやらずに、売れる人がやっているたった1つの事とは? コロナの影響もあって法人に保険が売れない!と悩む保険営業パーソンは少なくないはずです。 多くの保険営業パーソンは保険提案を変えたりセールストークを変えて現状を打破しようとするのではないでしょうか。 間違いではありませんが、全く別の法人開拓が上手くいくコツがあるのです。 ...





【法人保険営業のコツ】このたった1つの事するだけで今後も簡単に法人保険が売れます!

■このたった1つの事するだけで 今後も簡単に法人保険が売れます! MDRT21回のトップセールスが最終的に提案するプランは特別ではありません。 あなたが何度もしているものと同じなのです。 ではなぜ売れるのか? それはある1つの事をしているかしれいないかだけの差なのです。 少し前の話ですが、病院の待合室であるテレビCMが流れていました。 ...




売りたいものをストレートにただ売り込むだけでは結果が出にくくなったことは事実です。

それにも関わらず、法人開拓で売り込みを続ける保険営業パーソンは無謀だと思いませんか?

たった「1ステップ」を入れるだけで、社長の反応そして法人開拓で得られる結果は大きく変わるのです。

コロナの影響で先が見えない時代。多くの経営者が未来を心配し不安に思う時だからこそ

「未来」を語る法人開拓は保険営業パーソンにとって有効だと考えます。

さあ明日の法人保険営業からは保険や相続ではなく、あなたが語るのはamazonです。

アマゾンを語り社長と未来を語る保険営業スタイルを始めませんか。
learn-2004900_640.jpg

■YouTubeセミナー(30分)

 
【保険営業】法人開拓マニュアル


■無料音声セミナープレゼント



いい提案をしてクロージングしてもお客様からいい返事がもらえないということはありませんか?

実は無理にクロージングしなくても「ある方法」でプレゼンするだけで契約になってしまう方法があります。
 
多くの人はこのやり方を知らないから思ったような結果が出せないと感じます。
 
アイブライトのLINE@に友だち追加・登録をしていただくと1時間21分の音声が聴けるURLを自動返信させていただきます。 

こちらから友だち追加・登録。



プロフィール
アイブライト有限会社
内田拓男

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ