【法人保険営業のコツ】先生と呼ばれながら法人保険を売る方法

consulting-3813576_640.jpg
多くのお客様から支持されている工務店の社長とお酒を飲んだ時に、地震に強い家を建てるにはどうすればいいのかを質問した事があります。

工務店の社長ですから、私は家を建てる工法や素材、建てる職人の腕を重視せよという答えが返ってくると予想していましたが

その社長は

「地盤」と即答!

いいものを使って、最高の職人がいい工法で家を建てても、そもそもその家を建てる土地の地盤が悪ければ意味がないと言うのです。

基礎は重要である事を改めて実感しました。


この話は法人保険営業に通じます。




法人開拓が思うように進まない・・・法人契約が獲れない・・・いい提案をしたり貴重な情報を提供してもなぜか契約にならない・・・

こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いはずです。

法人に売れない、うまくいかない大きな原因の1つは

「基礎」ではないでしょうか。

家の話と同じで、地盤・「基礎」をしっかりさせる前に、多くの保険営業パーソンは法人契約という立派な建物を建てようとしていると比喩できるかもしれません。

法人保険営業でも大切なのは「基礎」。

では「基礎」とは何か??



私は社長との関係だと考えます。社長との関係ができていない、グラグラの「基礎」の上に契約を作ろうと焦って売り込んでしまっていることはないですか?

弊社の音声で以前インタビューした遠藤氏が、社長との関係の作り方を無料でレクチャーしてくれます。

遠藤氏のプロフィールはこちら↓です。

1972年東京都出身。立教大学経済学部卒業後、大手進学塾へ入社。1年目から頭角を現し年間800人を教える人気講師となる。

27歳の時外資系生命保険会社へ転職。年齢が若く保有する見込み客がほとんどなかったため1年目の成績はどん底を経験。しかし2年目には多くのクライアントに恵まれてMDRT会員になる。

2002年に起業。独立系のファイナンシャルプランニングオフィスの設立に参画。

紹介だけに頼る営業に成功の限界を感じ顧客獲得型セミナーをスタートさせる。年間70日ほどのマネーセミナーや経営セミナーを開催して顧客を獲得するようになる。部門別契約件数で3つの生命保険会社で全国NO1に輝く。

2007年保険営業で成功したセミナーノウハウを他の業界で広めるためにNo.1セミナー戦略会議を設立。「売る」スキルと「教える」スキルを合体させた「エデュケーショナルセールス」で顧客獲得する方法をコンサルティングしている。

大規模なセミナーではなく5人程度の集客でも契約を獲り続けることができるセミナーノウハウを多くの経営者・コンサルタント・保険営業パーソンに伝授。

著書『たった5人集めれば契約が取れる!顧客獲得セミナー成功法』(ダイヤモンド社)

現在年間100回以上ものセミナー講師を務めコンサルタントとして忙しい日々を中、保険代理店も系列会社を通じ続けている。



保険の売り方を教えてくれるセミナーは星の数程ありますが、あなたは「関係を変える」ノウハウを学んだことがありますか?

このノウハウがあなたのスキルになれば

社長から保険を売り込みにきた人とか単なる保険屋ではなく、コンサルタントとして見られるようになるはずです。

社長との関係が大きく変わります。つまり「基礎」が固まるわけです。

想像してみてください。



社長から先生、コンサルタントとして信頼されれば、保険を売ることは簡単になるとは思いませんか?

高度で難解なノウハウではありません。知っているか知らないかだけの差だと感じます。

メルアドを登録するだけでOK。18日金曜日まで。

詳しくはこちらをクリックしてください。

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ