コロナ禍でも売れる法人開拓話法【MDRT21回の保険営業成功者が実践】

artificial-intelligence-2167835_640.jpg
コロナの影響で法人開拓なんてできない!コロナで保険の解約ばかりで新規契約なんて期待できない!こんな声を保険営業パーソンからよく聞きます。

確かにコロナによって社会や経済が大きく変化している事は間違いありません。

しかし変化の裏側には必ずチャンスがあります。もちろん法人開拓でも同じです。法人保険営業で成功する事は十分今でも可能。

コロナのピンチをチャンスに変えている保険営業トップセールスが法人開拓でどんな話法で道を切り開き、成功を続けているのかを語ります。


physiotherapy-595529_640.jpg

■コロナ禍でも売れる法人開拓話法【MDRT21回の保険営業成功者が実践】


少し考えてみてください。

あなたはプログラミングスクールの営業パーソンです。

全くの初心者にスクールを売り込む場合どんな事をアピールしますか?

他の学校より安い料金、教えるのが上手な講師がいる、多くの卒業生がいる、できない・わからない生徒へのフォローが充実している、学校を卒業すると就職率がいい・・・

いろいろ考えられますが、私ならスクール自体を語る前に「未来」を語ります。


近い将来はどんな社会が待っているのか?


「Internet of Things」略して「IoT」が進み、すべてのモノがインターネットに繋がり大きく変化する事は確実。

この変化を担うのがプログラマー。「未来」を創るとも言えるこのプログラマーは現在引く手あまたで「未来」においてもプログラマーの数が足らない状況が続く・・・

こんな「未来」であなたはどう動くか?を問いかけるのはどうでしょう。

就職、起業、フリーランスなどどんな立場であってもプログラミングの知識は不可欠という結論に至るケースが多いと予測できます。

こうなればスクールを売ることが容易になるとは思いませんか?

商品をうまく売り込むこと、商品自体の優れた点、他社との違いなどをアピールする事も間違いではありませんが「未来」を語る事で最終的に目的を達成できるケースは少なくないと感じます。




短期間で痩せられる高額のダイエットプログラムを売る場合もプログラムだけをアピールしていたら売る事は難しいと思います。

売る側は必ず「未来」を語るはずです。

痩せた場合「未来」はどう変わるか?

異性からモテる、かわいい・かっこいい服が着れる、年齢よりも若く見られる、合コンでちやほやされるなど。

今と全く変わった「未来」を手に入れる手段がダイエットプログラムという話の流れを作るでしょう。

「未来」を語ることはビジネスで成功するためのポイントになるのではないでしょうか。



これら2つの話は法人保険営業に通じます。




コロナの影響で法人開拓にチャレンジしても「保険どころではない」とすぐに断られてしまう・・・コロナ禍でいい提案をしても「お金がない」と社長に言われてしまう・・・とにかく法人開拓が全く進まない・・・

こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いはずです。

確かに保険営業パーソンにとってコロナは大きな変化でありピンチでしょう。しかし変化の裏側には必ずチャンスがあります。

もちろん保険営業の法人開拓でも。

以前インタビューした小林氏はコロナや社会の変化に左右されずに長期間に渡り法人開拓で結果を出し続ける日本を代表するトップセールスパーソンです。

小林氏のプロフィールはこちら↓です。

お話を伺った時点でMDRT21回(うちTOT3回、COT13回)医療法人、製造業、パチンコ店などを中心に数多くの法人顧客を持つ。

契約者やファンからの紹介や問い合わせが多く、面談までに6か月持ちということもある行列のできる保険代理店。

なぜ契約が獲れたのか?なぜ成功できたのかを論理的に解説できる理論家でありながら現在もトップセールスパーソンとして営業現場に立ち続ける日本でも稀有な存在。




コロナを法人開拓のチャンスに変えている保険営業パーソンは何が違うのか?




ズバリ、話法です。法人開拓の話法が秀逸なのです。



コロナの時代に法人保険のメリットやライバルと比べて優れている点をいきなりアピールしても法人開拓はうまくいきません。

法人開拓に成功し続ける保険営業トップセールスの小林氏が社長に語るのは「未来」です。

社長と「未来」を語り、予想するのです。



「未来」話法。


これでコロナ禍であっても法人開拓を成功に導いています。

話す事は、コロナ時代そしてコロナ後、社会がどう変化し、経済がどうなり、ビジネスはどんな風になるのか?です。



そんな事、正確に予想できるはずがない!!
「未来」なんて誰もわからない!!





こう思った保険営業パーソンは優秀です。そうです。未来の事は誰も正確にはわかりません。

あの孫正義さんだって「未来」を読み間違えて、大赤字を出すのです。普通の保険営業パーソンと社長がいくら話しても正確な「未来」を予想することなんてできません。



しかしそれでいいのです。



わからないからこそ、そのわからない「未来」に対しての準備や対処が必要である結論に至るのです。

「未来」に対しての準備・対処を1つ1つ社長と保険営業パーソンが考えていくと手段の1つとして保険が必要になる!

こうなれば無理に売り込むことなしに法人契約に至るわけです。


これが小林氏の法人開拓であり、話法。


コロナ禍で将来や「未来」に対する不安で心配が大きくなっている社長が増えている事は確実です。

今回、紹介した「未来」話法を使えば、コロナは保険が売れないピンチではなく

コロナは社長と「未来」を語り予想する絶好のチャンスである事に保険営業パーソンは気づくはずです。

無理に設計書を片手に売り込む必要はありません。いきなり他社より有利でおお得な保険を語る話法も不要です。


社長が不安で心配に思っている「未来」をじっくり時間を掛けて話し、予想して、その対処や準備を考えればいいだけです。


小林氏のノウハウをもっと詳しく知りたい方はこちら↓のブログ記事が参考になると思います。

【保険営業】法人に売れない人必見、この1点を変えれば法人保険が簡単に売れる

■【保険営業】法人に売れない人必見、この1点を変えれば法人保険が簡単に売れる 法人に売れない・・・社長にいい提案をしても「検討します」で終わってしまう・・・こんな悩みを抱えている保険営業パーソンは多いでしょう。 最高の提案をして最高のセールストークで保険営業パーソンが売り込んでも、実は売れない状況を変えることは難しいのです。 ...




「未来」話法が保険営業パーソンの未来を変えると言えます。

今は法人開拓ができない時期ではなく、できるやり方と話法を知らないだけなのです。

不安で心配な社長は星の数ほどいます。その社長に寄り添い、「未来」を一緒語り予想して対処・準備を考えて、あなたが社長のパートナーになるチャンスが目の前にあるのです。

保険営業パーソンは気づいてください。

コロナは単なるピンチではなく保険営業パーソンが法人開拓で成功できるチャンスである事を!

いますぐ「未来」話法をスタートすべきです。

vr-3460451_640.jpg


■コロナ禍でも売れる法人開拓話法【MDRT21回の保険営業成功者が実践】に関連するYouTubeセミナー
(1分38秒)

 


■ コロナ禍でも売れる法人開拓話法【MDRT21回の保険営業成功者が実践】関連ブログ記事


【保険営業が上手くいくコツ】売れない人がやらずに、売れる人がやっているたった1つの事とは?

■【保険営業が上手くいくコツ】法人に保険が売れない人がやらずに、売れる人がやっているたった1つの事とは? コロナの影響もあって法人に保険が売れない!と悩む保険営業パーソンは少なくないはずです。 多くの保険営業パーソンは保険提案を変えたりセールストークを変えて現状を打破しようとするのではないでしょうか。 間違いではありませんが、全く別の法人開拓が上手くいくコツがあるのです。 ...





プロフィール
内田拓男
保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ