【法人保険営業アプローチのコツ】初回訪問は社長が留守の時にせよ

legoland-172322_640.jpg
法人にアプローチしてもなかなか忙しい社長と会えない・・・受付の時点で断られてしまい社長と面談できない・・・こう嘆く保険営業パーソンは少なくありません。

一方である成功者は法人保険営業を成功に導くコツをこう断言しています。

「初回訪問は社長が留守の時にしなさい」

法人アプローチ=社長と会えないと意味がないと考えている保険営業パーソンにとっては目から鱗の言葉のはず。

しかし社長が留守の時に法人にアプローチする意味があり、このコツが成功に繋がるのです。

詳しい法人保険営業のアプローチのコツを解説します。


castle-5476737_640.jpg

■【法人保険営業アプローチのコツ】初回訪問は社長が留守の時にせよ



子供がいるバツ1の女性と結婚して今はとても幸せな知人男性がいます。

2人がお付き合いしている時、男性はすぐにでも結婚したかったのですが、女性は子供の事もあって結婚に対してはとても慎重な様子。

そこで男性はいきなりプロポーズして押しまくるのではなく、まず「外堀を埋める」事を考えたそうです。

つまり女性の子供と仲良くなり、本当の親子のようになることを心掛けたといいます。

時間を掛けて子供と関係を作っていくと、子供から母親に「結婚すれば」と勧められるようになったのです。

これで2人は無事にゴールインとなったわけです。

目的を直接達成しようとすることも間違いではありませんが「外堀を埋める」作戦も有効だと感じます。



徳川家康が豊臣家の大坂城を攻める時、なかなか攻め落とすことができなくて和議を成立させ、城の「外堀を埋めた」話は有名です。

「外堀を埋める」ことで徳川軍が攻めやすくなり、形勢を有利にさせたことは明らかです。



これら2つの話は法人保険営業に通じます。





法人にアプローチしても忙しい社長と会えない・・・受付の時点で断られてしまう事が多い・・・法人保険営業でこんな悩みを抱える保険営業パーソンは少なくないはずです。

法人にがんばってアプローチして何とか社長に会うという考えも間違いではありませんが、以前インタビューした法人保険営業の達人である竹下氏はアプローチのコツをこう表現します。


竹下氏のプロフィールはこちら↓です。

1968年生まれ。大学を卒業後、大手信託銀行に入社。退職後、ラーメン店・ガソリンスタンド、本屋など数々の仕事を経験しながらどん底から這い上がる過程でマーケティングや顧客心理学を学ぶ。

27歳の時カーリース会社に再就職、当初、クビ寸前の売れない営業マンだったにもかかわらず、それまで学び研究していたそのノウハウで一躍トップセールスとなる。

その実績から外資系保険会社からヘッドハンティングされ転職。コネや人脈が全くない地方都市でありながら、全国ランキング上位入賞、海外表彰受賞回数10回や三年半の毎週連続契約など輝かしい記録と共にエグゼクティブプランナーになった後、2012年独立。

その後も保険募集人として、自ら北は北海道から南は鹿児島までの法人・個人のお客様の保険相談にのる傍ら、2年で8割が辞めていくといわれる保険業界においてかつて売れない営業マンから這い上がることができた自分の経験が活かせないものかと生み出した、お客様心理をベースにセールスプロセスを組み立てていくセールススキル、「EQセールス®」の体系化に成功。





「法人への初回アプローチは社長が留守の時にせよ」


社長がいない時に法人にアプローチしても意味がない!と考える保険営業パーソンが普通でしょう。

しかし保険営業パーソンが社長の留守の時に法人アプローチするのが成功するためのコツなのです。

「外堀を埋める」ため。

すなわち社長と会う前に、受付やスタッフの方としっかりとした関係を作るためには法人初回アプローチは社長がいない時にすることがコツなのです。



ある会合で1度名刺交換しただけのある法人の社長にアポイントなしでアプローチする場合を考えてみましょう。

訪問して社長が留守の場合、保険営業パーソンは名刺と手紙や資料などを置いて、社長に渡すことをお願いして帰るのが法人アプローチの常識ではないでしょうか。

保険営業にトップセールスである竹下氏が実践する法人アプローチは少し違います。全く別のコツがあるのです。

名刺と手紙、資料を置き、社長に渡してもらうお願いをする所までは普通の保険営業パーソンと同じですが、依頼をしたスタッフ・受付の名前をチェックしておきます。

名札がある場合はしっかり覚えますし、ない場合は聞けば大概答えてくれます。

そして一旦その場を後にします。

少ししてから、今後は名刺と手紙等を渡したスタッフの方に電話をするのです。「先程訪問した〇〇です。□□さんいらっしゃいますか?」というように。

そして渡した資料や手紙に間違えたあった事を伝えて、差し替えのためにもう1度会社に戻ることを電話で伝えます。

急いで現場に戻り「すいません、ドジで」などと伝えると、大抵スタッフや受付の方は笑ってくれるそうです。

法人保険営業の達人の竹下氏の法人初回アプローチはこんな感じです。

このやり取りを通して、保険営業パーソンである竹下氏は受付・スタッフの方と最初に会って、電話で名前を呼んで話し・・・最後にもう一度会う・・・3度接触している事になるのです。

しかも最後にほんの少し笑いを取ることに成功しています。

接触回数、名前、笑い・・・これが大きなコツなのです。これが「外堀を埋める」ことに繋がるのです。

2回目、社長とアポイントを取ろうと法人にアプローチ時の反応、そして再び訪問した場合の反応がまるで変わるといいます。

ただ名刺と資料を置いて帰り、2回目普通に電話や訪問した場合と接触回数、名前、笑いを使った法人初回アプローチをした場合では

社長と会える、アポイントが取れる可能性に雲泥の差がでます。

多くの保険営業パーソンは保険契約を獲得するという目的で法人アプローチします。

一方、法人保険営業の達人の竹下氏の目的は「外堀を埋める」ため、つまり受付やスタッフの方との関係を作る事です。

この1ステップがあるかないかでその後の法人保険営業の展開は大きく変わるのです。

社長が留守、会えないのは見込なしではなく、法人保険営業の大きなチャンスであることに気づくべきです。

社長が留守をあなたの法人保険営業のチャンスできるようになったら、あなたの法人アプローチは大きく変わるのではないでしょうか?

初回から社長と会える企業にアプローチしようとするから訪問先が狭まるのです。この発想なら見込み法人が少なくなるのも当然です。

しかしもし社長が留守でよければ・・・社長が留守があなたの法人保険営業のチャンスにすることができたら・・・

訪問先は自分の周りには溢れている!いや無限と言っていいかもしれません。

ほんの少しのノウハウと考え方の違いで法人保険営業は変わると私は考えています。


竹下氏のノウハウをもっと詳しく知りたい方はこちら↓のブログ記事が参考になると思います。

【法人保険の売り方】2回目の訪問で大型法人契約を獲得する成功者は初回訪問のここが違う

■2回目の訪問で大型法人契約を獲得 する成功者は初回訪問のここが違う 何度も何度も訪問して何度も何度も情報提供して 法人契約を獲得することももちろん間違いではありません。 しかしたった2回目で法人保険を売ってしまう成功者がいます。 ...




法人初回アプローチで社長と会わないと意味がない、失敗だと考えるのは間違いです。

会えないからこそ保険営業パーソンが受付やスタッフを味方にするチャンスなのです。

「外堀を埋める」前に、焦って刀ばかりを振り回している・・・法人アプローチで苦戦している保険営業パーソンをこう比喩できます。

切れ味のいい刀を用意し、振り回すことも大切ですが「外堀を埋める」戦術は
有効だとは思いませんか?


今回紹介した法人アプローチを参考にしてあなたなりの法人保険営業のスタイルを考えてみてください。

beauty-2264281_640.jpg

■【法人保険営業アプローチのコツ】初回訪問は社長が留守の時にせよに関連するYouTubeセミナー30分

 


■【法人保険営業アプローチのコツ】初回訪問は社長が留守の時にせよ関連ブログ記事


【法人保険営業】即決で法人保険が売れる秘密

■【法人保険営業】即決で法人保険が売れる秘密 何度も何度も通い、何度も何度も情報提供をしないと法人保険は売ることができない!これが保険営業パーソンの常識です。 一方、即決に近い形で驚くほどのスピードで法人保険を売りまくる保険営業の成功者がいます。 保険営業の現場でお得で有利なプランを流暢に売り込んでも社長の即決を引き出すことは実はできません。 やり方があるのです。 ...






プロフィール
内田拓男
保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ