1日20件売る保険営業トップセールスはセミナーでこれを語る

room-2174142_640.jpg
セミナー、オンラインセミナーは保険営業パーソンにとって保険契約を効率的に獲得する武器であることは間違いありません。

しかしセミナーを開いてみたものの、成果・契約に繋がらないと悩む保険営業パーソンが多いのも事実です。

一方でセミナー営業から1日20件を超える契約をコンスタントに獲り続けるトップセールスパーソンも存在します。

セミナーで売れる人と売れない人の違いは何か?

それはセミナーで何を語るか!なのです。

売れない保険営業パーソンはsメイナーでいい情報、お得な保険の掛け方そして顧客が満足するような事を強いのです。

実はこれではセミナーで結果を出せる保険営業パーソンにはなれません!

では1日20件も売る保険営業トップセールスはセミナーで何を語っているのか?を詳しく語ります。


studying-951818_640.jpg

■1日20件売る保険営業トップセールスはセミナーでこれを語る


少し考えてみてください。

今日からダイエットを始めようとしている人が目の前にいます。まずは何をすることをアドバイスしますか?

激しい運動、とにかく食事制限、まずは目標をしっかり立てる・・・

いろいろ考えられますが、まず絶対に必要な事は「現状」を把握することではないでしょうか。

体重が何キロでお腹の周りが何センチで・・・などと「現状」をしっかり掴むことが最優先のはずです。

目標体重が62キロとする場合も「現状」が90キロの人と65キロの人ではやる事やダイエットメニューがまるで変わるに違いありません。

目標やすぐに行動を取ることももちろん重要ですが、「現状」を把握する事の方がはるかに優先順位が高いと考えます。



大学受験のための勉強をスタートさせた時、私が一番時間を掛けたのが国語、特に古文と漢文の勉強です。

理由は簡単で、何度か受けた模擬テストの結果で国語、とくに古文と漢文の成績が悪いことがわかったからです。

自分の強みと弱点を掴む事、すなわち「現状」を把握する事が効率的に成績をアップさせる近道ではないでしょうか。

勉強でも「現状」を掴むことは重要です。


これら2つの話は保険営業に通じます。




セミナー、オンラインセミナーは契約を継続的に獲得するのための保険営業パーソンの武器です。

しかしセミナー営業にチャレンジしても結果に繋がらない、保険が売れないとなってしまう保険営業パーソンが多い事も事実です。

一方で以前インタビューした松井氏はセミナー営業から1日20件以上の保険契約を獲得することもある、日本を代表するトップセールスパーソンです。

20年以上セミナー営業を保険営業の武器として成果を出し続けています。

松井氏のプロフィールはこちら↓です。

ファイナンシャル・プランナー。CFP。一級ファイナンシャル・プランニング技能士。全国各地で年150回以上のセミナーを行う人気FP。

某証券会社が行った全国FPセミナーにて全国ナンバーワン講師の称号をえる。難しい経済や金融の話をわかりやすく、楽しくパフォーマンスを交えながら具体的な実践方法まで伝えている。

そのため通算10回を超える受講者も数多い。また最近では運用セミナーでありながらなぜか感動し目頭を熱くする人もいる。

※講演先
郵政公社、NHK文化センター、千葉商科大学、明海大学、大和証券、日興証券、スルガ銀行トヨタホーム、三菱重工、プルデンシャル生命、アクサ生命、各地商工会議所など多数。

※執筆
なぜ人は損をするのか?(書肆侃侃房出版)銀行では絶対聞けない資産運用の話(書肆侃侃房出版)金融時事用語辞典(日銀他との共著・金融ジャーナル版)
FPの知恵袋(共著、ビーケーシー出版)明海大学AFPテキスト(相続・損害保険)朝日新聞、読売新聞、保険毎日新聞等

※出演
テレビ朝日スーパーJチャネル、CNCテレビ゙、ビデオ「未来への奇跡」など





セミナーで売れない保険営業パーソンとセミナー営業のトップセールスとの違いは何か?




それは


セミナーで何を語るかなのです。


いい情報、有利でお得な保険の掛け方、専門家しか知り得ない高度なテクニックなど多くの保険営業パーソンは

セミナーで保険を売るための情報を伝えるのではないでしょうか。


一方、セミナー営業のトップセールスである松井氏が伝える事は大きく異なります。

セミナーでは保険を語りません。有利でお得な保険の掛け方などは一言も話さないわけです。

松井氏が語る事は


「現状」なのです。


顧客が今いる「現状」を語るのです。そして顧客に自分の「現状」に気づかせます。


セミナーでやっている事はこれだけ。


多くの保険営業パーソンがセミナーで契約が獲れないのは、「現状」を語る前、「現状」を気づかせる前に

手段であるはずの保険を一生懸命語っているからです。

受験勉強で例えるなら、「現状」、今の成績、今の偏差値を把握する前に、いい参考書や評判のよい塾を紹介してしまっている事になります。

受験勉強と同じでセミナー営業でも保険営業パーソンが最優先しなければならないのは、顧客の「現状」を語り、顧客に「現状」に気づかせることです。

保険営業パーソンが「現状」を気づかせるのに、保険を語る必要はありません。

実際に松井氏はセミナーで保険を一言も語りません。

セミナーで話すのは


経済や金融の基礎の基礎だけです。


経済とは何か?通貨とは何か?国債とは何か?金利とは何か?など笑ってしまう程、簡単で基礎的な事を伝えます。

テレビで池上彰さんがわかりやすく解説するように。

池上さんの解説で日本の「現状」がよく理解できた!と感じた方は多いに違いありません。

それを保険営業パーソンもセミナーでやるのです。

「なるほど」「そうだったのか」

こんな言葉を顧客から引き出せるように「現状」を解説するのです。


繰り返しになりますが、保険を売るためにこれらをセミナーで伝えるわけではありません。

顧客が「現状」を知るために語るのです。


顧客が「現状」をしっかり理解すれば、夢や目標、到達したいステージとの距離、ギャップがあることがわかります。

夢や目標は顧客それぞれ違いますし、ギャップや距離を埋める方法もそれぞれ。


”その方法を知りたい方はアドバイスしますから個別相談を申し込んでください”




これでセミナーの参加は個別相談に進むのです。

保険営業のトップセールスの松井氏が講師を務めるセミナーの参加者は実に9割以上個別相談を申し込む事も珍しくありません。

セミナー参加者の9割が個別相談に進んだら・・・

あなたのセミナー営業、保険営業そして最後に手にするコミッションは大きく大きく変わるとは思いませんか?

セミナーで保険営業パーソンが保険を売り込んだり、参加者が満足する情報をただ伝えるだけでは


こんな結果は得られません。


「現状」を伝え、顧客に「現状」に気づかせることが何よりも大切なのです。

現状」を把握すれば、夢や目標とはギャップがあることに顧客は気づきます。

このギャップを埋めるアドバイスをするのが個別相談。

これで多くのセミナー参加者は個別相談に進むことになります。

個別相談に参加者が殺到すれば、保険営業パーソンがセミナーで保険が売れないなんてことはなくなるはずです。

松井氏のノウハウをもっと詳しく知りたい方はこちら↓のブログ記事が参考になると思います。

【保険営業】オンラインセミナーではこれを語れ! 保険が売れるセミナーと売れないセミナーの決定的な1つの違いとは?

■オンラインセミナーではこれを語れ!保険が売れるセミナーと売れないセミナーの決定的な1つの違いとは? 有利で得な保険、情報を語るだけではセミナーで結果を出すことは難しいのです。 成果を出し続けるトップセールスパーソンが参加者に伝えていることはこれです。 少し考えてください。 くしゃみと鼻水が出るのであなたは病院に行きました。 もし医師があなたを見るなり「花粉症ですね」と決めつけ ...




いい情報、裏技的なテクニック、専門家しか知らない知識・・・これらをsメイナーで保険営業パーソンが語れば顧客は満足して、個別相談に進み、保険契約が獲れる!!

これは完全に幻想です。

保険営業パーソンがセミナーで語るべきなのは、保険ではなく「現状」です。

今の体重、今のウエストのサイズなど「現状」を把握しないでダイエットはスタートできません。

保険のセミナー営業も同じなのです。

セミナー営業のトップセールスは「現状」を語り、顧客に「現状」に気づかせます。

「現状」を理解すれば、夢や目標とのギャップもわかります。

こうなればどうすればいいのか相談したくなり個別相談に進む!これが保険営業トップセールスのやり方です。

難しい知識やノウハウをセミナーで語る必要は全くありません。今知っている情報や知識で十分です。

保険営業パーソンんがセミナーで語るほんの少し変えるだけで、結果は大きく変わります。

勇気を持って語ることを変えてみませんか?
belly-2473_640.jpg


■1日20件売る保険営業トップセールスはセミナーでこれを語るに関連するYouTubeセミナー30分




■1日20件売る保険営業トップセールスはセミナーでこれを語る関連ブログ記事


90%の参加者が個別相談に進むセミナー営業術【保険営業のコツ】

保険営業パーソンにとってセミナー、オンラインセミナー等のセミナー営業は保険契約を獲得する強力な武器です。 しかしオンラインセミナーを含め、セミナーを開催してもうまくいかない、保険が売れないという声を保険営業パーソンからよく耳にします。 実は最新でいい情報を保険営業パーソンがセミナーで語るだけではうまくいかないのです。 セミナー営業で保険を売るコツがあります。 ...






プロフィール
内田拓男
保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ