ネットで地元客を獲る方法

営業活動の一つとしてネットを活用する!!
これに反対する保険営業パーソンは少ない。

しかし必ずこんな意見がでる。

「ネットで集客すると顧客住んでいるの範囲が
 広がりすぎるので非効率だ」

確かにインターネットは世界中からアクセスできるので
自分の訪問できる範囲のお客様だけを選ぶのは難しい
ように思えるのだが・・・

それはやり方を知らないだけだと私は考えている。

完全に地域密着型のビジネスでもネット集客に成功している
例はいくらでもあるのだ。

例えば、私の知人の歯医者。
彼の新規客のほぼ100%がネットからの客だ。

どんなやり方をしているのか??

彼は歯医者に関する言葉で、seo対策をしたりキーワード
広告(検索エンジン連動広告)を出しているのだが

この時に必ず、地名を入れているのだ。

もし「歯医者」という言葉でseoをしたり、広告を出せば
仮にうまくいったとしても、全国からアクセスがあるだろう。

ここに地名を入れる。

例えば「歯医者+豊島区」というように。

豊島区の歯医者を探している人が検索することが多いのではないか。

もっと地域を限定して
「歯医者+豊島区+東池袋」

さらにさらに限定して
「歯医者+豊島区+東池袋2丁目」
としたら、どんな客が集まるか?きっとあなたも予想がつくはず。

一言で表せば、「限定」する戦術をとることで、地域密着型のビジネス
でも十分ネット集客も可能になると私は考えている。

予断なのかもしれないが・・・「歯医者」という部分も「限定」する
ことでより差別化が可能になるに違いない。

「歯医者」を探している人でも、よく考えみると、目的はいくつかに
分けられる・・・つまり「限定」できて、また別の反応が得られるのでは
ないか。

「虫歯+豊島区+東池袋2丁目」
「歯矯正+豊島区+東池袋2丁目」

保険も同じ。

「がん保険」で集客をするのではなくて

これに「地名」や「商品名」「保険会社名」などを加えて
「限定」することで突破口を見つけられるかもしれない。

もちろん、ネット集客のやり方はこれひとつではない。
いくつかの方法を同時に試すことは不可欠だ。

もっと詳しくネット集客のコツ勉強したいという方はこちらがお勧め↓
初心者でもできる生命保険営業のコツ!ホームページで集客する7つの方法!



関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ