総務省統計データアプローチで法人に簡単に売れる【法人保険営業】

bus-690508_640.jpg

無料音声セミナープレゼント
弊社で以前9800円で販売していた「“テレアポ”だけで、1ヶ月50軒の生保を獲る方法」(約1時間48分)を無料でプレゼントいたします。メルマガ「保険営業成功ノウハウ」の購読をお申込みするだけ。メルアドのみの入力でOK。自動返信メールで音声セミナーが聴けるURLをお送りいたします。こちらを今すぐクリック




bed-1839183_640.jpg

総務省統計データアプローチで法人に簡単に売れる【法人保険営業】


ある家電量販店の以前のテレビCMは、家電の品揃えがよく、どこよりも安いという事をアピールしていたと記憶しています。

しかし最近よく目にするCMはアプローチが全く違います。

”新生活を応援”でアプローチ。これから新しい生活を始める人達に対して家具やベット、カーテンそれにパソコンなど何でも応援できると訴えています。

売りたい物でただ消費者にアプローチするだけで結果がでた時代は終わったと考えます。

成功する企業、生き残るビジネスはアプローチを工夫しているものです。



「海外旅行に行った時はうちのカードを持って行き、たくさん使ってください!」こんなアプローチでは結果に繋がらない事は明らかです。

あるカード会社がずっと続けている事は海外(ハワイ)でカードを見せると無料でバスが乗れるサービス。

普通ならお金を払ってバスに乗らなければなりませんが、それが無料。

このサービスを知った旅行者の多くはこのカードを財布の中に入れて海外に行くのではないでしょうか。

財布に入れて持って行けば、結果として買い物で使われる可能性がアップするに違いありません。

やはりアプローチ次第で結果が変わると言えるでしょう。


これら2つの話は法人保険営業に通じます。




法人に保険が売れない・・・社長にアプローチしても「コロナで保険どころではない」と断られてしまう・・・こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いはずです。

あなたも同じような悔しい思いをしていませんか?

一方、以前インタビューした保険営業トップセールスの小林氏は法人開拓の達人。アプローチして断られたり、法人保険が売れないという事がほぼありません。

小林氏のプロフィールはこちら↓です。

お話を伺った時点でMDRT21回(うちTOT3回、COT13回)の日本を代表する保険営業トップセールスパーソン。医療法人、製造業、パチンコ店などを中心に数多くの法人顧客を持つ。契約者やファンからの紹介や問い合わせが多く、面談までに6か月持ちということもある行列のできる保険代理店。




保険営業トップセールスの小林氏が法人開拓で成功する秘訣は何か?




法人に対するアプローチなのです。保険または保険に繋がりそうな相続や事業継承、退職金などの話でアプローチする事は皆無です。

具体的に小林氏はどんな法人アプローチをしているのか?


やり方の1つは総務省の統計データを活用したアプローチです。しかし統計データを片手に持って行き、いきなり社長に見せて何かを語るアプローチではありません。

小林氏は社長によくこんなトークでアプローチするそうです。

「今のスタッフの4分の3の人数で今と同じ売上が上げられますか?」

「えっ!!どういう事??」こんなアプローチをすると、ほとんどの社長はこんな類の返事をするといいます。

ここで総務省の統計データの登場です。データから30年後には日本は人口が減少して今の4分の3になる事がわかります。

つまり今の売上を維持するとなると、4分の3のスタッフで同じ売上を上げなければならないという事だと伝えるのです。

インパクトのあるアプローチそして総務省統計データという証拠。この2つで法人アプローチは成功するわけです。

もちろんこの後すぐに保険の話をするわけではありません。

変化する未来を社長と一緒に考え、それに対する対処・対策を小林氏はアドバイスするのです。

少ない人数で製造するための設備投資のアドバイスや時には不動産業進出のアドバイス、または業種転換のための資金準備のアドバイスをすることもあるそうです。

いい保険を選ぶためのアドバイスとは全く違います。これらは未来へのアドバイス、経営に対するアドバイスと言っていいでしょう。

保険を語ったり、売り込む必要はないのです。

変化する未来への対処・対策の手段の1つで保険が必要になれば、保険が売れてしまうという流れです。

がんばって売る、一所懸命売り込んで売るのではなく、「売れてしまう」法人開拓術なのです。

小林氏が最終的に契約する法人プランは特別ではありません。それを売る時のセールストークももちろん特別ではないのです。

特別なのはアプローチです。

インパクトのあるアプローチトークそしてそれを裏付ける統計データという証拠。

この2つで法人アプローチは成功します。そして法人保険を売り込んだり、勧めなくても自然な形で契約に導くことができるようになるはずです。

売り込まなくても、また強いクロージングをしなくても法人保険が簡単に売れてしまう・・・これがあなたの日常になったら、あなたの保険営業そして最後に手にする成果は激変すると思いませんか?

トークや提案を変える必要はありません。法人アプローチを変えるだけでいいのです。

【関連音声セミナー】
小林氏の保険営業ノウハウについてのもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


【関連記事】


manhattan-407703_640.jpg

■YouTubeセミナー 動画を活用した法人新規開拓術【保険営業トップセールスが実践】



■Twitterより



■無料音声セミナー(1時間21分)プレゼント


いい提案をしてクロージングしてもお客様からいい返事がもらえないということはありませんか?

実は無理にクロージングしなくても「ある方法」でプレゼンするだけで契約になってしまう方法があります。
 
多くの人はこのやり方を知らないから思ったような結果が出せないと感じます。
 
「ある方法」が学べる音声セミナー「さらばハードクロージング、もう保険契約を勧めるのはやめよう」(1時間21分」を無料でプレゼントします。

3期連続TOTのトップセールスパーソンへのインタビュー音声で以前弊社で9800円で販売していたものです。

アイブライトのLINE@に友だち追加・登録をしていただくと1時間21分の音声が聴けるURLを自動返信させていただきます。 

こちらから友だち追加・登録。


プロフィール
内田拓男(アイブライト有限会社代表取締役)

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

無料音声セミナープレゼント
弊社で以前9800円で販売していた「“テレアポ”だけで、1ヶ月50軒の生保を獲る方法」(約1時間48分)を無料でプレゼントいたします。メルマガ「保険営業成功ノウハウ」の購読をお申込みするだけ。メルアドのみの入力でOK。自動返信メールで音声セミナーが聴けるURLをお送りいたします。こちらを今すぐクリック






関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ