【保険営業】2億稼ぐ人が法人アプローチで伝えるたった2つの事

business-man-g378db2ecc_640.png
トップセールスのアプローチはとてもシンプル。

たった2つの事を伝えるアプローチで多くの法人保険を預かり続けています。

My project
メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから





「世界一の選手になるためには世界一の努力が必要だ」


サッカーの本田圭佑選手の言葉です。

持って生まれた才能を嘆いたり、努力しても結果がでないと嘆く人は多いものですが、成功者の発想はシンプルであることに気づきます。



「努力すれば報われる?そうじゃないだろ。報われるまで努力するんだ」

同じくサッカー界のスーパースター、リオネル・メッシ選手の言葉。


成功者は何か特別な事をやっていると思う人が多いですが、シンプルな発想でシンプルな事を誰よりも積上げていると言えるのではないでしょうか。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


この話は法人開拓に通じます。





法人開拓がうまくいかない・・・

社長にアプローチしてもすぐに断られてしまう・・・




こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いはず。


あなたも同じような悔しい思いをしていませんか?


一方で以前インタビューしたトップセールスの鈴木氏は時代や社会の変化に左右されることなしに、長い間、法人開拓を成功に導いています。




-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


鈴木氏のプロフィールはこちら↓です。

1967年生まれ。株式会社エクセル代表取締役。日立製作所を経て東京海上に研修生として入社。

一般収保1億円超の記録的な成績で早期(通常3年の研修期間を2年で)独立。

独立後も建設業を中心に顧客を拡大する。(独立わずか3年で収保3億円達成)

2003年代理店を経営していた福島から札幌に移住。

当時の代理店業務はすべて人に任せる。2004年株式会社エクセル設立。知り合いも友人も全くいない札幌でドクターマーケットの開拓を一から始める。

夜の接待もゴルフの付き合いも全くなしで医師・医療法人からの生命保険契約をコンスタントに獲り続けている。

エクセル社の営業は実質1人、その他数名の事務スタッフだけでドクターマーケットから毎年2億円以上のコミッションを稼ぎ続けている。

■主な取引先 医療法人491件、個人開業医156件、特定医療法人 1件 特別医療法人2件など





-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


鈴木氏の法人開拓での成功の大きな要因はアプローチです。

多くの保険営業パーソンはこのアプローチを学ばずに、アプローチがうまく行った後の売り方ばかりを勉強してしまう傾向が強いと言えます。


鈴木氏のアプローチは、本田選手やメッシ選手の話と同じでとてもとてもシンプル。


たった2つの事を社長に伝えるだけです。


といっても相続や事業継承、売りたい保険に関して一切語りません。


まず伝える事1つ目は


自分のビジネスは保険を販売する事である事をしっかり伝えることです。


意外だと思いませんか?


自分は〇〇コンサルタント、▽▽診断士などと保険を販売することを少し隠すようなアプローチが一般的では。

保険と言葉を出しただけで、断られてしまうという恐怖からこんな傾向が強くなったのでしょう。


しかし鈴木氏はあえて全く隠さずストレート勝負なのです。


もちろんこう伝えて設計書を出して保険を売り込んでも絶対にうまくいきません。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


2つ目にアプローチで伝えることが非常に重要になるのです。


保険を売ることが伝えた上で


「自分には何ができるか」

これをアプローチで伝えるのです。



保険の売り込みができる、有利でお得な保険の設計ができるではもちろん撃沈します。


社長に「それなら、話を聞いてみよう」と感じさせるトーク・方法があるのです。


トップセールスの法人アプローチは驚くほどシンプルです。


保険を売ることが自分のビジネスである事と

「自分には何ができるか?」の2つを社長に伝えるだけ。




これで鈴木氏は法人開拓でもドクターマーケットの開拓でも驚異的な結果を出してきたのです。



たった2つの事を伝える超シンプルなアプローチを詳しく知っているか知らないかで大きな差がつくと言えます。

2億稼ぐトップセールスのシンプルで成果がでる法人アプローチを詳しく学びたい方はこちらをお読みください。


My project

メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

【この記事を書いたのは↓】
内田拓男(アイブライト有限会社代表取締役)
プロフィール
【プロフィール】
2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。新日本保険新聞に連載11年。

プロフィールの詳細はこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索