【保険営業】見込み客の枯渇の不安がなくなるやり方

3552535_s.jpg

訪問先がない、見込み客がいないという不安が全くなくなったら、あなたの保険営業は大きく変わると思いませんか?

10年後も生き残れる!見込み客の枯渇の不安を無くすトップセールスのノウハウを解説します。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-




-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■古いと感じるものも使い方次第です



知人は子供にそろばんを習わせていると言います。

PCやタブレットが発達し、AIの時代に何だか時代遅れだと感じますが、そろばんを習うことで暗算ができるようになり、数字に強くなると知人は語ります。

数字に強くなる!

確かにこれは勉強でもビジネスでも大切な事です。

そろばんを習う人は日本だけではなく海外にもいますし、手先を使うので老人のボケ防止の手段の1つで活用されているという話を聞いたことがあります。

古いと感じるそろばんも使い方次第だと思います。


この話は保険営業に通じます。




-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■多くの保険営業パーソンが抱える不安





見込み客の枯渇がとにかく心配・・・

訪問先を確保するのが大変・・・





ほとんどの保険営業パーソンが抱える不安と言っていいでしょう。


一方で保険営業の永遠の課題とも言える見込み客の確保に全く心配していないトップセールスがいます。


それが以前インタビューした中瀬氏。

お話を伺った時点でCOT9回。


何よりすごいのは訪問先や見込み客に困った事がない点。

今後も困る事はないと言います。

中瀬氏にとって見込み客は無限なのです。

まさに見込み客入手のスペシャリストと言っていいでしょう。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■見込み客入手のスペシャリストのプロフィール&実績




中瀬氏氏のプロフィールはこちら↓

CFPⓇ・2016年MDRT成績資格終身会員インタビューの時点でCOT9回。

平成3年リクルートに就職。営業の基礎を一から徹底的に学ぶ。

その後、郵便局に転職し簡易保険の営業に従事。年間300件の挙績・ANP1億円以上を在籍10年間毎年達成し、伝説営業パーソンと呼ばれる。

平成15年保険代理店として独立。

リクルート、郵便局時代の経験を基に自ら構築した独自の保険営業スタイルを確立しコネや人脈に全く頼らない飛び込み中心の白地開拓をゼロからスタートさせ毎年驚異的な成果をコンスタントに挙げ続けている。

お客様に紹介を決して依頼しない、契約者はほぼ決まった地域に集中していて移動時間が極端に短い、接待やお客様とのゴルフは全くしない、基本的に土日は仕事をせず、平日は5時までしか働かないなど今までの生命保険営業の常識とは全く違う保険営業手法で契約を獲得している。

飛び込み訪問による新規開拓が中心でありながら、契約者のほとんどは資産家・富裕層・経営者、ドクター。他のトップセールスパーソンとは全く違う革命的な保険営業新規開拓術が今保険業界から注目されている。

新日本保険新聞社にて「中瀬敏のマーケット開拓のヒント」を10年以上連載し多くの支持を得ている。

著書「ドクターマーケット開拓の秘訣」




-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■見込み客を無限にする方法とは?




中瀬氏の見込み客の不安を無くすノウハウとは?




それは飛び込みです。


飛び込み??

そんなのうまく行くはずがない!
時代遅れ!

こう感じた保険営業パーソンがほとんどでしょう。

しかしそろばんの話と全く同じで古いと感じるものであってもやり方次第で保険営業の不安を取り除く強力な武器になるのです。


実際に中瀬氏は20年以上富裕層への飛び込みを続けCOT9回。

何よりすごいのは富裕層への初回面談の成功率が3~4割という事。



コネや紹介なしに10件富裕層に飛び込んで、3人または4人に会ってしっかり話ができてしまう・・・すなわり見込み客を入手してしまうノウハウを中瀬氏は確立しているのです。

つまり見込み客が少なくなり、枯渇に不安をおぼえたら・・・飛び込みをすれば、すぐに見込み客、しかも富裕層の見込み客を入手できるわけです。

これってすごいと思いませんか?

このノウハウがあなたのスキルになれば、もう見込み客の不安に怯える事がなくなるはずです。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■この飛び込みをすれば不安が無くなります





どんな飛び込みをすれば初回に3~4割の富裕層にあって見込み客にすることができるのか?





飛び込み訪問のやり方時代は特殊ではありません。


特別なのは


準備。


中瀬氏は闇雲にただ訪問件数を増やすような飛び込みはしません。

事前に2つの準備をして飛び込みをするのです。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■飛び込みを見込み客入手の武器にする2つの準備




中瀬氏が飛び込みをする前に必ずする準備とは?





1つ目はターゲットの選定。

自分のテリトリーのゼンリンなどの詳細地図を広げます。

そこで

敷地の大きな家をピックアップ。

そしてその家の苗字と同じ苗字の家が周辺に点在していたら、その家はほぼ間違いなく資産家、富裕層だといいます。

とても簡単でシンプルなやり方です。


ターゲットが決まったら2つ目の準備。

ポスティングです。


中瀬氏は税務署で無料でもらえるチラシと名刺をセットにして3回ポスティングをするのです。


この2つの準備で飛び込みをすると10件に3~4件、会えてしっかり話ができるのです。

もちろん全員とはいいませんが、話せた富裕層の中から多くの見込み客を入手できる展開です。


もちろん、飛び込みをしてどんな声を掛けるか、どんな話をするかも重要。

これを知っているか知らないかで大きな差がつきます。

見込み客を無限にする方法が学べる音声セミナーの冒頭10分を無料で聴く事ができます。こちら↓




My project

メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

【この記事を書いたのは↓】
内田拓男(アイブライト有限会社代表取締役)
プロフィール
【プロフィール】
立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。

プロフィールの詳細はこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


✅ニュースレターの執筆を月3万円でアウトソーシングしませんか?詳しい資料をお送りします。下記メールまたは記事内のお問合せからで「資料希望」とご連絡ください。

プロフィールの詳細はこちら


執筆・コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索