【保険営業】0円でもらえるチラシが新規開拓の武器です

4010775_s.jpg

0円で、つまり無料でもらえるチラシを使えば、すぐに新規開拓で結果がでるとしたらいかがでしょうか?

お金がない、コネがない、知り合いがいない・・・こんな不利な条件をすべて吹き飛ばすトップセールスの0円のチラシを活用した新規開拓術を解説します。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■0円のものも活用の仕方次第



かつて自分の店を出すというのは相当なお金がかかりました。

まず店舗を借りなければなりません。

保証金だけで何百万円かかるなんてこともよくありました。

内装工事をして什器備品を買い揃え、そして商品の仕入れ・・・などと考えると、なかなか自分の店を持てなかったと言っていいでしょう。


しかし現代では状況がまるで変わりました。


ネット上で店舗を出せば、0円つまりすべて無料で出店する事ができます。

中にはたった30秒で出店できますとアピールするサイトもあるほど。

出店は0円ですが、うまく運営する事で多くの利益を上げているケースが多々あることをここで今更説明するまでもありません。


0円のものも活用の仕方次第なわけです。




この話は保険営業に通じます。






新規開拓がうまくいかない・・・

新規開拓で何をやったらいいかわからない・・・

コネや紹介がないから新規開拓が成功しない・・・




こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いはず。


一方で以前インタビューしたトップセールスの中瀬氏は新規開拓の達人。

時代や社会の変化に左右されることなしにずっと新規開拓を成功に導いています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■新規開拓の達人のプロフィール




中瀬氏のプロフィールはこちら↓


CFPⓇ・2016年MDRT成績資格終身会員インタビューの時点でCOT9回。

平成3年リクルートに就職。営業の基礎を一から徹底的に学ぶ。

その後、郵便局に転職し簡易保険の営業に従事。年間300件の挙績・ANP1億円以上を在籍10年間毎年達成し、伝説営業パーソンと呼ばれる。

平成15年保険代理店として独立。

リクルート、郵便局時代の経験を基に自ら構築した独自の保険営業スタイルを確立しコネや人脈に全く頼らない飛び込み中心の白地開拓をゼロからスタートさせ毎年驚異的な成果をコンスタントに挙げ続けている。

お客様に紹介を決して依頼しない、契約者はほぼ決まった地域に集中していて移動時間が極端に短い、接待やお客様とのゴルフは全くしない、基本的に土日は仕事をせず、平日は5時までしか働かないなど今までの生命保険営業の常識とは全く違う保険営業手法で契約を獲得している。

飛び込み訪問による新規開拓が中心でありながら、契約者のほとんどは資産家・富裕層・経営者、ドクター。他のトップセールスパーソンとは全く違う革命的な保険営業新規開拓術が今保険業界から注目されている。

新日本保険新聞社にて「中瀬敏のマーケット開拓のヒント」を10年以上連載し多くの支持を得ている。

著書「ドクターマーケット開拓の秘訣」





-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■0円のチラシで新規開拓




中瀬氏はどうやって新規開拓をしているのか?





はい、飛び込みです。


といってもただ闇雲に片っ端から飛び込みをする従来のやり方ではありません。


中瀬氏の飛び込みは事前にターゲットを決めます。


ターゲットはズバリ富裕層。


もちろんターゲットを決めたら即飛び込みをして新規開拓するわけではありません。


ここで使うのが0円のチラシです。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■0円チラシはどこでもらえてどう使うのか?




0円チラシとは何?どこでもらえて?どう使うのか?





税務署でもらいます。


税に関しての情報が書かれた紙、リーフレット的なものが税務署にはたくさん置いてあります。

それを自分は保険営業パーソンでお客様に配りたいと伝えると、ある程度の量のチラシを0円、無料でもらえるといいます。


もらってきたチラシをターゲットと決めた富裕層の家のポストにポスティングするのが中瀬流。


クリアファイルにチラシと名刺をセットして同じ家に一定期間で3度ポスティングするのです。


その後に飛び込み訪問をするわけです。


普通、飛び込み訪問の初回訪問で、インターフォンを鳴らした後、しっかり話を聞いてもらえる確率は・・・


3~4%ではないでしょうか。


一方、税務署で0円でもらえるチラシを3回ポスティングした後の飛び込みでは、


なんと

30~40%富裕層が会って話をしてくれると言います。


これってすごい数字、いや奇跡的に高い数字と言っていいでしょう。


税務署からいただいたチラシなので当然0円でしかも、コンプラの心配はありません。

それでいて飛び込みの初回面談成功率が奇跡的に高くなります。

中瀬氏はこのやり方を20年以上続け、お話を伺った時点でCOT9回の実績でした。


やった方がいいというよりは、やらないと大損と言ってもいいでしょう。


もちろん飛び込むターゲットである富裕層の見込み客の発見の仕方、そして飛び込みの初回訪問で富裕層に最初にかける一言が重要となります。

もっと詳しいノウハウが知りたい方はこちらをお読みください。


【この記事を書いたのは↓】
内田拓男アイブライト有限会社代表取締役)
プロフィール
【プロフィール】
立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。

メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索