【保険営業】セミナーでこれを語れば8割が個別相談に進み保険が爆売れ

conference-g7871da185_640.jpg
セミナー・オンラインセミナーを開き、あなたが「ある話」をすると参加者の8割が個別相談を申し込み保険が爆売れする!

これが日常になったらあなたの保険営業そして最後に手にする報酬は激変するとは思いませんか?

特別な情報や特殊な知識、裏ワザ的テクニックをセミナーで語る必要は全くありません。

今、あなたが知っていることでOK。

セミナー営業の達人の、セミナー参加者の8割が個別相談を申込み保険が爆売れするノウハウを解説します。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

夜中、何度も目が覚めてしまい、1度目が覚めるとなかなか寝つけないという悩みを持っていた友人がいます。

しかし今はほとんど目が覚めなくなったそうです。


何か特別な事をやったのか?


実は変えた事はたった1つだけ。


寝る1時間30分前から一切スマホを見ないようにしただけ。


たった1つを変えるだけで、結果が変わる事って結構あると思います。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
baseball-g6e3d6d58f_640.jpg

草野球での打率が突如よくなった人がいます。


打撃フォームや練習のやり方は今までと全く同じです。


変えたのはたった1つ。


バットの握り方です。


以前は手の平で握っていたのです。

今は手の平ではなく指の付け根で握る感覚。

握る部分の差はわずか数センチですが、打球の速さがまるで変わり、ヒットが出るようになったといいます。

たった1つを変えるだけで結果が大きく変わる事もあるのです。




-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



これら2つの話は保険営業に通じます。




セミナーを通じて保険を売りたいがどんな話をすれば売れるかわからない・・・

セミナー、オンラインセミナーに以前チャレンジしたが思ったような結果がでなかった・・・






こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いはず。


あなたも同じような思いをしていませんか?


一方で以前インタビューした遠藤氏はセミナーを通じて保険を売りまくり、その経験を活かし今はセミナー営業コンサルタントとして独立し、全国から引っ張りだこの存在です。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


保険が売れるセミナーと売れないセミナーの差は何か?





セミナーで語る話1つだと遠藤氏はいいます。


セミナーで語る話をほんの少し変えるだけで、セミナーは大きく変わり、結果も激変するのです。



ほとんどすべての保険営業パーソンは、参加者を「満足させる話」をします。


満足させる話をすれば、セミナー後のアンケートの反応はいいものです。


「参考になりました」

「勉強になりました」

「講師の先生の話がわかりやすかったです」




こんなアンケートの回答が多いのですが・・・


なぜか、個別相談に申し込む顧客がほとんどいない!という結果になりがちです。



満足させる事は決して悪くないのですが


実は


満足は行動に繋がりにくいものなのです。


参加者が行動を起こして個別相談を申し込まなけれな、絶対に契約にはなりません。


つまり保険営業パーソンは1円も稼げないことになります。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


ではセミナーではどんな話をすればいいのか?




変える点は1つでいいのです。

たった1つです。


睡眠と野球の話と同じでたった1つだけ変えれば結果は大きく変化します。



それは・・・


「満足させる話」ではなく参加者が「行動したくなる話」をするべきだと遠藤氏は断言します。




今すぐ動かずにはいられない



こう参加者が感じれば、無理に勧めなくても個別相談を申込みます。


実際に遠藤氏のセミナーでは約8割の参加者が個別相談を希望します。


10人の参加者なら8人、30人のセミナーなら何と24人が個別相談を希望する計算になります。


「個別相談をお願いします」と参加者が希望した後の事を想像してみてください。


その大部分の顧客は保険契約に至ると予想できませんか?


大切な事は「満足させる話」ではなく「行動させる話」をする事です。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



「行動させる話」とはどんな話をすればいいのか?



実は特別な話は一切必要ありません。


あなたが既に知っている極めてベーシックな話でいいのです。


例えば・・・


遠藤氏はよく保険には3つの種類があって・・・終身保険と定期保険と養老保険・・・すべてはこの3つの組み合わせでできている・・・


保険業界に入社して1日目に習うような話をセミナーでよくしたと言います。


要するに


「何を伝えるか」ではなく


「どう伝えるか」が大事なのです。




こんな基礎的でベーシックな事でも「伝え方次第」で顧客を「行動させる話」にすることができるのです。


もっと詳しく具体的にやり方を知りたい方はこちらをお読みください。



【この記事を書いたのは↓】
内田拓男アイブライト有限会社代表取締役)
プロフィール
【プロフィール】
立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。

メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載12年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索