【保険営業】この飛び込みをすれば成功率30~40%で富裕層に会える

22100442_s.jpg

非効率と考えられている飛び込みで3~4割初回訪問で富裕層に会うことができたら、あなたの保険営業は変わりませんか?




ヘトヘトになるまで闇雲に飛び込みを繰り返す、昔ながらのスタイルは確かに非効率です。

しかしもっと効率的な飛び込みのやり方があるのです。

トップセールスが今でも新規開拓の武器としている飛び込みノウハウを解説します。

My project-1 (1)



友人が飼っている小型犬は普段は全く落ち着きがなく、ほとんどじっとしていません。




しかしカットをお願いしているあるトリマーさんは見事に長時間じっとさせてしまうそうです。

秘密はカットの「前」にあるのです。

カットしたりシャンプーしたりする「前」に必ず犬と一定時間遊ぶのです。

「いい子だからじっとして」と言ったり、押さえつけても犬は言う事を聞きません。

カットの「前」が特別なわけです。

dog-g58b5b4ef5_640.jpg


おろし大根が大量に入った鍋をタレントが食べる場面をあるテレビ番組で見ました。




「うわ~おいしい」

「今までこんなフアフアの大根食べたことがない」

「どうやってこれ作っているの?」


食べた人達は絶賛。

しかし実は鍋に入っている大根は普通にスーパーで売っているもので、調理方法も特別ではないのです。


秘密はもっと「前」の・・・


おろし金。



1つ1つの刃を熟練の職人が1つ1つ丁寧に起こした高級品。

このおろし金が使うと料理の味が全く変わるのです。


「前」を変えることで結果が変ってしまうことって、よくありますよね。



これらの話は保険営業に通じます。




3.png

新規開拓がうまくいかない・・・



2.png

富裕層を開拓したいがなかなかできない・・・



1.png

新規開拓で何をやっていいかわからない・・・




こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いでしょう。

あなたも同じような悔しい思いをしていませんか?


一方、以前インタビューした中瀬氏は新規開拓のスペシャリスト。

富裕層マーケットだけを新規開拓してお話を伺った時点でCOT9回の日本を代表するトップセールスです。


中瀬氏のプロフィールはこちら↓

CFPⓇ・2016年MDRT成績資格終身会員。

インタビューの時点でCOT9回。

平成3年リクルートに就職。営業の基礎を一から徹底的に学ぶ。

その後、郵便局に転職し簡易保険の営業に従事。

年間300件の挙績・ANP1億円以上を在籍10年間毎年達成し、伝説営業パーソンと呼ばれる。

平成15年保険代理店として独立。

リクルート、郵便局時代の経験を基に自ら構築した独自の保険営業スタイルを確立しコネや人脈に全く頼らない飛び込み中心の白地開拓をゼロからスタートさせ毎年驚異的な成果をコンスタントに挙げ続けている。

お客様に紹介を決して依頼しない、契約者はほぼ決まった地域に集中していて移動時間が極端に短い、接待やお客様とのゴルフは全くしない、基本的に土日は仕事をせず、平日は5時までしか働かないなど今までの生命保険営業の常識とは全く違う保険営業手法で契約を獲得している。

飛び込み訪問による新規開拓が中心でありながら、契約者のほとんどは資産家・富裕層・経営者、ドクター。他のトップセールスパーソンとは全く違う革命的な保険営業新規開拓術が今保険業界から注目されている。

新日本保険新聞社にて「中瀬敏のマーケット開拓のヒント」を10年以上連載し多くの支持を得ている。

著書「ドクターマーケット開拓の秘訣」





中瀬氏はどうやって富裕層を新規開拓しているのか?




すべて飛び込みから新規開拓を成功に導いています。

過去の話や単なる昔の成功事例ではありません。

今も飛び込みを続けて富裕層を新規開拓し続けています。


飛び込みなんて非効率・・・

富裕層が会ってくれるはずがない・・・

毎日何百件も飛び込みするなんてごめんだ・・・





こんな事をイメージする保険営業パーソンがほとんどでしょう。



しかし中瀬氏は飛び込みは超効率的。



闇雲に手あたり次第飛び込みをしません。

富裕層への初回訪問でも面談成功率はなんと3~4割。

つまり10件飛び込むと3人もしく4人の富裕層としっかり会って話ができるわけです。







どうすれば飛び込みを新規開拓の武器にできるのか?





犬と鍋の話と全く同じでポイントは

「前」にあるのです。


中瀬氏は飛び込む「前」が特別です。


この「前」をあなたも真似すれば、中瀬氏と同じように3~4割飛び込みで富裕層に会えるようになると考えています。


中瀬氏が飛び込む「前」に必ずやる事が2つあります。

1つはターゲッティング。

まずターゲットとなる富裕層を見つけるわけです。

やり方はとても簡単。


ゼンリンの住宅詳細地図を用意します。


かなり詳細な地図で1軒1軒の家の苗字が載っているものです。

「ゼンリン 住宅地図」などと検索すれば見つけることができます。

あなたがテリトリーの地域またはテリトリーにしたい地域の住宅地図を用意して

開きます。

その中からまず住宅の敷地が広い家をピックアップ。

次にその家の周辺を見回して、同じ苗字が点在していたら、ターゲッティング完了。


これだけです。


時間にすれば1分掛かりません。


しかし中瀬氏はこのやり方をもう20年以上続けていて、外したことがないといいます。

つまり訪問してみたら、全くの富裕層ではなかったという事がほとんどないといいます。


ターゲットを決めたら次に2つ目の事を実行します。


それは


ポスティング。


ある公的機関で無料でもらえるチラシと名刺をクリアファイルに入れて、ターゲットとした富裕層の家に

3回ポスティングをするといいます。



一定期間のうちに3回するのがポイントです。


これら2つの事を飛び込む「前」にすることだけで


初回訪問の面談成功率が30~40%に跳ね上がります。


想像してみてください。



あなたがインターフォンを押して「ピンポーン」となると、10件訪問して3人もしくは4人の富裕層に会えたら

たった10件の訪問するだけで毎日コンスタントに3~4人の富裕層としっかり話ができたら






行き先がない・・・見込み客がいない・・・富裕層にアプローチできない・・・新規開拓がうまくいかない・・・

これらの悩みを一瞬で吹き飛んでしまうに違いありません。

もちろん富裕層に会えた後の第一声も大事。

中瀬氏はいつも同じトークを使っています。

驚くほどシンプルで簡単な言葉を投げ掛けて、すぐに商談に入れる一言が存在するのです。


もっと詳しく知りたい方はこちらをお読みください。




【この記事を書いたのは↓】
内田拓男アイブライト有限会社代表取締役)
プロフィール

【プロフィール】
立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載12年。


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載12年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索