【保険営業】商工会議所・法人会を紹介なしで新規開拓するコツ

iphone-gec8689328_640.jpg

多くの中小企業が所属する商工会議所や法人会をコネや紹介なしで新規開拓することができたら、あなたの保険営業は大きく変わりませんか?




特別な事する必要は全くありません。

簡単で単純な事をやればいいだけです。

トップセールスのノウハウを解説します。

My project-1 (1)



サッカー選手の本田圭佑選手の練習に密着していたテレビ番組のディレクターは驚いてこう声をあげました。




「基礎的なことばかりやるんですね」

一流選手は特別なトレーニングをしていると、彼は予想していたのでしょう。

しかし本田選手がやっていた事は、走ったり、ボールを蹴ったり止めたり、ドリブルしたり・・・

小学生が普通にやる練習とほぼ変わらないものばかりだったのです。

成功者は意外に単純で簡単な事を繰り返していることに気づきます。

woman-g6c3aec6a1_640.jpg



オリンピックの競泳金メダリストの大橋悠依選手。




彼女が毎日、練習のスタート時に時間を掛けて必ずやるトレーニングがあります。


どんなことか予想がつきますか?


ウエイトトレーニング

科学的な練習

フォームのチェック


実は・・・最初にやるのは、蹴伸びです。

水の中に入り、プールの壁を蹴って体を伸ばし前に進むだけの練習です。

小学校時代、まだクロールも平泳ぎもバタ足もできない時に最初にやった事と記憶しています。

その蹴伸びをこれでもかというくらい、大橋選手は繰り返すのです。


成功者は単純で簡単な事を繰り返していると実感できます。


これらの話は保険営業に通じます。





3.png

法人開拓がうまくいかない・・・



2.png

職業団体を新規開拓したいが、コネや紹介がないから成功しない・・・



1.png

法人や団体にアプローチしてもすぐに断られてしまう・・・




こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いでしょう。

あなたも同じような悔しい思いをしていませんか?


一方、以前インタビューした中瀬氏は団体開拓のスペシャリスト。

時代や社会の変化に左右されることなしに、コネや紹介なしに商工会議所や法人会などの団体を新規開拓し続け結果を出し続けています。


中瀬氏のプロフィールはこちら↓

CFPⓇ・2016年MDRT成績資格終身会員インタビューの時点でCOT9回。

平成3年リクルートに就職。営業の基礎を一から徹底的に学ぶ。

その後、郵便局に転職し簡易保険の営業に従事。

年間300件の挙績・ANP1億円以上を在籍10年間毎年達成し、伝説営業パーソンと呼ばれる。

平成15年保険代理店として独立。

リクルート、郵便局時代の経験を基に自ら構築した独自の保険営業スタイルを確立し、コネや人脈に全く頼らない飛び込み中心の白地開拓をゼロからスタートさせ毎年驚異的な成果をコンスタントに挙げ続けている。

お客様に紹介を決して依頼しない、契約者はほぼ決まった地域に集中していて移動時間が極端に短い、接待やお客様とのゴルフは全くしない、基本的に土日は仕事をせず、平日は5時までしか働かないなど今までの生命保険営業の常識とは全く違う保険営業手法で契約を獲得している。

飛び込み訪問による新規開拓が中心でありながら、契約者のほとんどは資産家・富裕層・経営者、ドクター。

他のトップセールスパーソンとは全く違う革命的な保険営業新規開拓術が今保険業界から注目されている。

新日本保険新聞社にて「中瀬敏のマーケット開拓のヒント」を10年以上連載し多くの支持を得ている。

著書「ドクターマーケット開拓の秘訣」







どうやって商工会議所や法人会を新規開拓をしているのか?




全て飛び込みから開拓を続けています。

もちろんアポイントはなしで、いきなり商工会議所や法人会を中瀬氏は飛び込み訪問するのです。

といっても設計書を片手に保険を売り込むわけではありません。




中瀬氏は団体に対してどんなアプローチをしているのか?




本田選手と大橋選手の話と全く同じで

単純で簡単な事を繰り返しているだけなのです。


アプローチトークは



「セミナーのご担当者はいらっしゃいますか?」





担当者がいれば、いきなり門前払いされてしまうことは、ほぼないといいます。

そして

セミナー担当者がでてきたら


ここでもやる事は単純な繰り返しです。



資料を見せながら、自分が講師ができるテーマを提示しながら、商工会議所や法人会主催のセミナー講師をさせていただく事を提案するだけです。







保険は一切語りません。

またセミナーテーマでは保険関連のものは嫌われる傾向があるといいます。


商工会議所や法人会に所属する中小企業の経営者がセミナーで聴きたい話・・・


例えば


売上アップとか

資金繰りとか

スタッフの教育とか採用




などの話ができると伝えれば、非常に担当者の反応はいいそうです。

セミナー担当者の多くのセミナーのテーマや講師を探しているケースが多く、飛び込んですぐに、講師が決定する場合も少なくないと中瀬氏は語ります。


商工会議所や法人会主催のセミナーで講師ができたあなたの姿を想像してください。

あなたは多くの中小企業経営者を前に話をすることができ、そして名刺交換もできるはずです。

もちろん、保険営業パーソンではなく「先生」として。


こうなれば、その後にどんな展開が待っているか、ここで説明するまでもありません。

商工会議所や法人会の開拓に特別なテクニックは不要です。


単純で簡単な事、すなわちセミナー講師ができる事を提案すればいいだけです。


また中瀬氏は団体開拓ノウハウだけではなく



既契約者から多くの追加契約を預かる方法も確立しています。





1か月の目標数字の8割を追加契約だけで達成してしまうケースも少なくないといいます。

このやり方も特別ではなく、ある単純やり方を繰り返せばいいだけなのです。

もっと詳しく知りたい方はこちらをお読みください。




【この記事を書いたのは↓】
内田拓男アイブライト有限会社代表取締役)
プロフィール

【プロフィール】
立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載12年。


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載12年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索